産業用ヘンプの市場規模、2027年に181億米ドル到達予測

産業用ヘンプの市場規模は、2022年の68億米ドルからCAGR21.6%で成長し、2027年には181億米ドルに達すると予測されています。

産業用ヘンプは、植物Cannabis sativa L.およびその一部と定義され、成長の有無を問わず、乾燥重量ベースでδ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)濃度が0.3%以下であることが条件となり、この濃度が低いことから、繊維、食品、飲料、建築、動物用、パーソナルケア、医薬品、塗料、潤滑油、バイオプラスチック、バイオ燃料など幅広い分野で利用されています。産業用ヘンプ市場の主要な牽引要因は、多くの国でヘンプ栽培が合法化されたことです。

さらに、ヘンプの栄養価の高さや健康への効果に対する認識が高まっていることも、ヘンプ栽培をさらに後押しすると予想されます。麻の実や油には必須脂肪酸が多く含まれ、多くの病気の予防に役立つことから、食品・飲料、医薬品、パーソナルケア製品への利用が増加しています。

用途別に、動物栄養学での利用が増加

麻の生産は副産物を生み出しますが、そのひとつがヘンプミールです。ヘンプミールは繊維、脂肪、タンパク質を多く含むため、畜産用の飼料として期待されており、多くの家畜の飼料において大豆ミールの代替となる可能性があります。しかし、ヘンプバイオマスに含まれるテトラヒドロカンナビノール(THC)が、食用の動物製品に移行することが懸念されるため、ヘンプ製品を合法的に家畜飼料に配合するには規制が設けられています。ヘンプシードおよびヘンプシードケーキは、欧州食品安全機関(EFSA)の「動物飼料に使用される添加物および製品または物質に関するパネル」の科学的見解によれば、飼料への配合率に種差があるものの、すべての動物種の飼料原料として使用可能であるとされています。ヘンプオイルは必須脂肪酸の豊富な供給源として動物用飼料のサプリメントに使用されており、ヘンプシードとヘンプシードケーキは動物用飼料の脂肪源とタンパク質源として使用することができます。

種類別に、ヘンプベーストが市場の成長を牽引

ヘンプ靭皮繊維は、植物由来の天然繊維である産業用ヘンプなどの靭皮繊維作物の師部に見られるセルロース繊維です。ヘンプ靱皮繊維の主成分は、セルロース(53~91%)、ヘミセルロース(4~18%)、リグニン(1~21%)、ペクチン(1~17%)です。靭皮繊維の利点は、製品の軽量化、エネルギー消費の低減、環境負荷の低減などがあります。靭皮繊維は紡いだり織ったりすることができるため、繊維産業で広く使用されています。さらに、靭皮繊維は綿よりもはるかに強く、カビが生えないという特徴もあります。ヘンプ靭皮繊維は、強度、耐久性、抗菌・抗カビ性など、優れた特性を持っています。ヘンプ繊維を使った伝統的な織物には、帆布やヘンプデニムなどがあります。これらの素材は、耐久性、適応性、通気性に優れています。また、海水にさらされても腐ったり劣化したりしない丈夫なロープや麻ひも、コードに使用することができます。靭皮繊維は優れた強度対重量比を持ち、自動車、航空機、ブーツや、建築構造物によく見られる複合パネルの改良にも使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]