低温粉体塗装の市場規模、2027年に1億1600万米ドル到達予測

低温粉体塗装の市場規模は、2021年の9700万米ドルからCAGR3.0%で成長し、2027年には1億1600万米ドルに達すると予測されています。低温粉体塗装は、硬化温度が低いため、従来の高性能塗装と同じ性能基準を満たしながら、より少ないエネルギーで塗布することが可能です。同市場は、基材、樹脂、最終用途産業、地域別に分類されています。

非金属基板は、最高のCAGRを記録

低温粉体塗装は、木材やMDF、プラスチック、ガラス、複合材などの非金属表面に使用することができます。液体塗装と比較した場合、粉体塗装は優れた密着性、優れた耐久性、液だれのなさ、塗布時のVOCの低さで知られています。このような市場の拡大は、地域の家具産業からの強い需要に起因しています。木材とMDFも低温粉体塗装に最適な基材です。このコーティングは熱の利用がはるかに少なく、処理時間が非常に短いのが特徴です。家具分野では、今後も成長が予想されており、非金属基材用低温粉体塗装市場の成長を牽引するものと思われます。

エンドユーザー別に、家具部門は高いCAGRを記録

エンドユーザー別に、家具市場の牽引要因は、世界各国のインフラ成長、オフィス家具、ガーデン家具、キッチン家具などからの用途の増加によるものです。アジア太平洋地域、特に中国、インド、タイ、インドネシア、マレーシアなどの発展途上国による、家具用途に対する強い需要があります。世界の低温粉体塗装メーカーは、これらの新興地域に製造施設や営業所を設立して、需要の増加に対応しています。

欧州市場は、第2の市場シェアを獲得

2021年の低温粉体塗装の市場規模は、欧州が第2位となりました。低/無VOCコーティングの使用に関する規制が一層厳しくなり、コーティング技術の切り替えが低温粉体コーティングの需要に影響を与える可能性があります。欧州の低温粉体塗装市場は、トッププレイヤーの存在と技術の進歩により、より速く成長することが予想されます。この技術によるコスト削減の認識が広まるにつれて、需要はさらに上昇すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]