スマートシティの市場規模、2027年に1024億米ドル到達予測

スマートシティの市場規模は、2022年の5116億米ドルからCAGAR14.9%で成長し、2027年には1兆244億米ドルに達すると予測されています。都市化の進展に伴い、各国政府は、公共安全、環境監視、水処理、交通、エネルギー生成・消費などを改善するため技術・デジタル的ソリューションを利用することで、スマートシティ市場を牽引しています。

公益事業の配電管理システムが高いCAGRで成長

公益事業分野の配電管理システムは、効率的な需要応答管理(DRM)により制御されています。DRMは、商業・工業・住宅の各拠点に接続可能な単一の統合システムを通じて、電力会社が需要応答(DR)プログラムを管理・実施することを可能にします。

スマートグリッドの普及に伴い、高度な計測インフラであるメーター、顧客ユーティリティ管理システムの強化、送配電システムの自動化、再生可能エネルギーの統合などの応用が進んでいます。スマートグリッドの展開は、ユーティリティ産業の推進力となっています。また、自動化されたDRの出現も市場の成長に寄与しています。さらに、Software-as-a-Service(SaaS)のコストメリットとDRMのクラウドベースの展開が、市場成長のための機会を提供しています。

スマートビルソリューション別に、安全・セキュリティ管理が最大シェアを占める

都市は、自然災害、テロ、犯罪など、さまざまな緊急事態に直面する可能性があります。このような事態を効果的に対処し、被害を最小限に抑えるためには、強力な緊急管理システムを導入する必要があります。セキュリティインフラストラクチャーマネジメントは、主に建物のセキュリティ関連業務を扱っています。高度にコンピュータ化された緊急管理システムは、当局や管理者が迅速に緊急事態に対応するのに役立ちます。このシステムは、緊急事態の記録から、事件の規模や重大性についての担当者への通知まで、緊急対応のあらゆる段階を処理するため、迅速かつ効果的な対応を確保することができます。セキュリティおよび緊急事態管理ソリューションは、入退室管理システム、ビデオ監視システム、安全ソリューションで構成されています。Schneider ElectricとABBは、緊急対応管理ソリューションの主要な世界的ベンダーです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]