栄養補助食品成分の市場規模、2027年に2617億米ドル到達予測

栄養補助食品成分の市場規模は2022年の1852億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2027年には2617億米ドルに達すると予測されています。栄養補助食品成分は、健康の増進、慢性疾患の予防、寿命の延長、老化の抑制、体内システムのサポートなどを目的として使用される物質です。栄養補助食品成分は、治療というよりも予防の手段として捉えられており、特定の問題に作用する特質から、製品の配合成分として頻繁に使用されます。食品、飲料、栄養補助食品、動物栄養、パーソナルケアなどは、特によく製品が採用される業界です。これらの製品は、栄養面での利点や人々のライフスタイルへの適合性から、市場で人気が高まっています。免疫力強化、骨と健康、心臓血管の健康、精神的な健康、幼児栄養、体重減少管理など、栄養補助食品は、近年大変人気があります。ここ数年、人々の健康やホリスティック・ウェルネスに対する意識が高まっています。多くの人々は、忙しいライフスタイルにおける代替の栄養として、栄養補助食品成分を採用しました。同市場は、原料の種類、用途、健康効果、地域別に分類されています。

プロバイオティクス栄養補助食品が、最高の市場シェアを占める

技術の改善と科学の進歩は、過去20年間でプロバイオティクス業界を成長させました。プロバイオティクス株は、成長するために特別な環境&培地、温度を必要とし、培養に長い時間を必要とし、培養プロセスをスピードアップすることができないため、製造が困難で高価な製品です。プロバイオティクスの人気と健康上の利点は、近い将来、栄養補助食品成分市場の成長を促進すると思われます。

食品セグメントが最高の市場シェア。

主要企業は、広範囲にわたり製品開発と技術革新に投資しています。企業は、より良い食品ソリューションを見つけるために、顧客をターゲットとし、そのニーズを理解しようとしてきました。消費者の健康志向や意識とともに、口当たりや食感の良い、バランスの取れた健康的な食品への嗜好が高まっています。食品メーカーは健康的な代替品となり得る製品の開発を進めています。食品セグメントは、栄養補助食品成分市場において、多くの市場シェアを獲得することが予測できます。

乾燥形態の市場は、最速で成長

形態別に、液体製品と比較して、乾燥製品の幅広い用途は、高い市場シェアの主な要因となっています。栄養補助食品製品の処方の多くは、乾燥形態の成分を使用しています。乾燥成分は、液状のものに比べて安定性が高く、保存期間も長くなります。したがって、乾燥食品市場は今後、急速に成長することが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]