パスワードレス認証の市場規模、2027年に212億米ドル到達予測

パスワードレス認証の市場規模は、2022年の66億米ドルからCAGR26.2%で成長し、2027年には212億米ドルに達すると予測されています。

市場拡大の要因としては、総所有コストの削減、侵害の少ない強固なセキュリティ、ユーザーエクスペリエンスの向上などが挙げられます。しかし、導入コストが高いことや、従来のパスワードベースのアプローチからパスワードレス認証ソリューションへの移行に消極的であることが、市場成長の妨げになると予想されます。パスワードレス認証市場は、提供形態(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、運動性(固定/ラックマウント、モバイル/ポータブル)、認証タイプ(1要素認証、多要素認証)、エンドユーザー産業(BFSI、IT・ITeS、政府・法執行機関、ヘルスケア、製造、小売・家電、旅行・接客、その他)、地域(北米、欧州、中東・アフリカ、アジアパシフィック、南米)で分類されます。

運動性別に、固定/ラックマウント型が高いCAGRで成長

運動性別に、市場は、固定/ラックマウント型とモバイル/ポータブル型の2つに分類されています。固定/ラックマウント型は、1カ所に設置することで多数のユーザーを認証することができます。固定/ラックマウント型の耐タンパー性のあるハードウェアデバイスには、スマートカードやセンサーが組み込まれることがあります。ユーザーの識別を検証するために、これらのデバイスは、指紋、顔パターン、または虹彩や網膜パターンなどの物理的属性に依存しています。このようなデバイスは、ユーザー側のID管理を自動化しサポートすることで、ユーザーエクスペリエンスを向上させています。固定/ラックマウント型は、今後、最も高いCAGRで成長することが予想されます。

エンドユーズ産業別に、BFSIが最大規模を占める

バイオメトリクス技術を採用する業界の中でも、銀行や金融は詐欺やハッキングなど、セキュリティに関する主要な問題に直面しています。BFSI業界では、銀行員の不正行為や、口座にアクセスするためのパスワードの変更に関する顧客の問い合わせが増加しており、生体認証ソリューションに対する需要が生じており、その信頼性、精度、低コストが評価され、人気を集めています。顧客は詐欺や個人情報盗難の防止を強く求めており、パスワード不要の認証技術は金融機関に競争力を与えます。BFSI業界がパスワードレス認証ソリューションを選択することで、より大きな市場シェアを獲得しています。

提供製品別に、ハードウェア分野が最大規模に成長

ハードウェア製品には、カメラ、スキャナー、リーダーなどのセキュリティ識別機器や認証機器が含まれます。これらの機器は、人間の生理的または行動的な属性に基づいて個人を認証または識別するための自動化技術を採用しています。ハードウェア製品が提供するハイエンドのセキュリティは、人気の主な要因であり、最高の市場シェアを獲得しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]