環境試験の市場規模、2027年に139億米ドル到達予測

環境試験の市場規模は、2022年の94億米ドルからCAGR8.1%で成長し、2027年には139億米ドルに達すると予測されています。環境試験は、通常、水、土壌、大気の検査を指します。環境と希少資源を保護するために行われている環境抗議および活動家の運動があります。この活動は、常に、多くの環境基準や規制を実装するために政府機関に圧力をかけています。環境試験サービスは、ミクロおよびマクロ環境の両方で、水、土壌、空気中の化学物質や汚染物質の分析と検出をカバーしています。水質検査は、水質が使用目的に適しているか、安全に使用できるかを確認するために行われる一般的な環境分析です。土壌検査は、農業や地質学的な目的で行われることが多い検査です。屋外・屋内の大気環境はますます深刻化しており、大気汚染物質の検出は、リスク評価や新しい大気環境規制・基準の実施に不可欠です。工業化が水域の主要な汚染源となるにつれ、廃水・排水処理試験に対する規制は厳しくなっています。同市場は、サンプル、試験対象、技術、地域別に分類されています。

水質検査は最速のCAGRで成長

水源を検査することは、安全が確認された水を求める人々と、環境や健康への脅威から水域を守る規制を目指す政府機関の両方にとって重要です。技術の進歩に伴い、水質検査も迅速に行われるようになりました。こうした要因が、環境試験用の水質検査市場の成長を促しています。

迅速検査技術が市場シェアを独占

産業界の顧客は、検査結果がより速く、信頼性が高く、正確であることを期待しています。迅速検査は、従来の方法よりも洗練された手法であり、環境試験の市場シェアを支配しています。

アジア太平洋市場は、最高のCAGRで急速に成長

アジア太平洋地域では、インフラ、開発、人口増加、エネルギー関連プロジェクトなどに牽引され、環境汚染に対する懸念が高まっています。環境汚染と持続可能性に対する意識の高まりが、アジア太平洋地域の環境試験市場を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]