輸液ポンプの市場規模、2027年に205億米ドル到達予測

輸液ポンプの市場規模は、2022年の147億米ドルからCAGR7.0%で成長し、2027年には205億米ドルに達すると予測されています。高齢者人口の急増に伴う慢性疾患の発生率の増加、外来輸液ポンプに対する需要の高まり、外科手術の増加といった要因が、輸液ポンプ市場の成長を牽引しています。輸液ポンプ市場の最新動向としては、スマートポンプとEMRの相互運用性、特殊ポンプなどが挙げられます。一方、新製品に対する厳しい規制、輸液ポンプに関連する投薬ミス、再生品やレンタル輸液ポンプの採用の増加などが、2027年までの市場成長を抑制するものと考えられます。

製品タイプ別に、アクセサリー&消耗品が最大市場を占める

製品別に、市場は、アクセサリー&消耗品とデバイスに分類されます。2021年の輸液ポンプ市場では、アクセサリー&消耗品部門が最大のシェアを占めています。アクセサリー&消耗品の高頻度の利用や、制御された方法で薬剤を供給するための輸液ポンプの採用増加などが、高成長の要因となっています。

タイプ別に、インスリンポンプが高い成長を示す

輸液デバイス別に、市場は、容積式輸液ポンプ、インスリンポンプ、経腸輸液ポンプ、外来輸液ポンプ、シリンジ輸液ポンプ、患者管理鎮痛(PCA)ポンプ、埋め込み式輸液ポンプに分類されます。インスリンポンプは、同市場で最も成長するセグメントとなることが予想されます。糖尿病の有病率の増加と、在宅介護環境における糖尿病管理のためのスマートインスリンポンプや携帯型インスリンポンプに対する需要の高まりが、2027年までの市場の成長を促進すると予想されます。

技術別に、特殊輸液ポンプが高い成長率を示す

技術別に、市場は、従来の輸液ポンプと特殊輸液ポンプに分類されています。特殊輸液ポンプは、2027年まで最速の成長率を記録するものと思われます。輸液ポンプデバイスの技術的進歩や、在宅ケア環境および外来ケアセンターでの特殊輸液ポンプの採用拡大が、特殊輸液ポンプセグメントの成長を促進しています。

用途別に、糖尿病が最高のCAGRを記録

用途別に、市場は、化学療法/腫瘍学、糖尿病管理、消化器学、鎮痛/疼痛管理、小児/新生児学、血液学、その他の用途(感染症、自己免疫疾患、心臓・腎臓・肺・肝臓の疾患を含む)に分類されます。糖尿病管理分野は、2027年までの間、最も高い成長率を示すと予想されます。糖尿病の有病率の増加や、在宅医療環境における糖尿病管理のためのインスリンポンプ需要の高まりなどの要因が、同セグメントの成長を押し上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]