in situ ハイブリダイゼーションの市場規模、2027年に28億米ドル到達予測

ISH(in situ ハイブリダイゼーション)の市場規模は、2022年の15億米ドルからCAGR12.6%で成長し、2027年には28億米ドルに達すると予測されています。コンパニオン診断製品は、がんの診断と治療を改善するための大きな可能性を示しています。FISHベースのバイオマーカーは、形態学と遺伝子増幅を同時に評価できるため、コンパニオン診断の開発において重要な役割を果たしています。このため、コンパニオン診断検査において、ISHベースの消耗品の採用が進んでいます。

キット&試薬セグメントが最高シェアを占める

ISH市場は、消耗品、機器、ソフトウェアの3つの主要製品に分類されます。消耗品市場は、さらにキット&試薬、プローブ、アクセサリーに分類されます。キットの利点は、即座に容易に使える試薬や抗体があること、抗原に対する抗体の感度が最適化されていること、エラーの可能性が少ないことが挙げられます。このため、がん患者の治療にあたり、特定の薬剤の適用を確認する診断ツールにキットが採用されました。

病院と診断ラボが、最大収益シェアを占める

エンドユーザー別に、市場は、病院&診断ラボ、学術・研究機関、CRO、製薬・バイオテクノロジー企業に分類されます。病院&診断ラボ部門は、2021年に最高の収益をあげています。患者人口の増加、病院で実施される臨床検査に対するメディケア償還の増加、高度な診断検査の出現などが、同部門の成長を促進する要因となっています。

アジア太平洋市場が、最も高い成長率を示す

地域別に、市場は、北米、欧州、アジア太平洋、その他に分類されます。アジア太平洋市場は、2027年まで最も高いCAGRで成長すると予想されています。同地域における経済成長、大規模な人口基盤、慢性疾患の有病率の上昇、生活水準の向上、質の高い医療に対する需要の高まり、医療支出の増加、政府の取り組み、組織診断検査の使用に関する意識などが、市場成長を促す主な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]