デジタル署名の市場規模、2027年に252億米ドル到達予測

デジタル署名の市場規模は、2022年の55億米ドルからCAGR35.6%で成長し、2027年には252億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因としては、厳しい規制基準の導入や、管理されたシームレスなワークフローによるセキュリティ強化の必要性などが挙げられます。一方、デジタル署名の合法性についての認識不足や、地域によって異なるデジタル署名の規則や規制が、市場成長の妨げになることが予想されます。

中小企業セグメントは高いCAGRで成長

中小企業は、不正アクセスや脆弱性、攻撃から組織を保護するために、主にデジタル署名ソリューションやサービスを採用しています。中小企業は、限られたリソースや予算など、いくつかの制約に直面しており、個人情報、支払詳細、その他の機密情報など、顧客の機密データへのアクセスが狙われています。文書への署名は、手作業で行われる伝統的なプロセスで、時間がかかります。中小企業では、電子署名ソフトウェアがシンプルで直感的、かつ低コストで手間をかけない安全なソリューションであると認識し、ニーズが高まっています。政府は、それぞれの国で中小企業を保護するためのイニシアチブをとっています。EUのeIDAS規制、米国のUETAとESIGN法、インドの2000年情報技術法など、各国で異なる法律が電子署名の利用を規制しています。中小企業は、リソースやIT人材、予算が限られているため、サイバー犯罪に巻き込まれる可能性が高く、資金、時間、リソース、資産を節約するためにも、電子署名ソフトウェアの導入が期待されています。そのため、デジタル署名ソフトウェアやハードウェアのプロバイダーは、さまざまなサイバー脅威や課題に立ち向かうべく、革新的なソリューションを提供しています。中小企業にサービスを提供するベンダーには、Adobe、DocuSign、DigiCertなどの企業が含まれます。

BFSI分野が最大市場を維持

BFSIの分野では、デジタル化の進展に伴い、詐欺やサイバー犯罪のリスクが高まっています。このリスクを軽減するために、デジタル署名ソリューションは、機密性の高い顧客データの保護に役立っています。BFSIは、デジタル消費者の行動や嗜好に基づき、優れた顧客体験を提供する必要があります。デジタル署名は、効率性を高め、国境を越えたコラボレーションを可能にします。また、紙ベースのプロセスを排除し、内部ユーザーやワークフロープロセスを特定し、膨大な量の文書に署名することを可能にし、真正性、追跡性、管理性を提供することで、時間の遅延を減らし、完了率の正確性を高めます。デジタル署名ソリューションは、取引を迅速化し、署名された契約書や同意書の監査証跡を維持するのに役立ちます。金融機関は、各地域で施行されている規制や法律へのコンプライアンスを維持する必要があります。これらの国々では、デジタル署名に関連するイニシアチブが政府によってとられています。2021年、ETSIは、PKIと公開鍵証明書によってサポートされるデジタル署名の仕様であるETSI TS 119 182-1を発表しました。これは、取引の起源を認証し、発信者の説明責任を果たし、さらに機密リソースへのアクセスを制御できるようにするためのものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]