オートメーションCOEの市場規模、2027年に15億米ドル到達予測

オートメーションCOEの市場規模は、2022年の3億米ドルからCAGR36.9%で成長し、2027年には15億米ドルに達すると予測されています。オートメーションCOE市場は、さまざまなビジネスドライバにより、大きな成長が期待できます。その成長を促す要因としては、企業全体のROIの大幅な改善、データ入力エラーの減少、リスクの低減による品質の向上などが挙げられます。

オートメーションCOEは、企業の自動化を、計画、テスト、定期的な評価を必要とする継続的なプロジェクトとして扱われ、そのフレームワークは、相互に関連する2つの柱、「人とプロセス」と「システムとインフラ」に分けることができます。この2つのフレームワークでは、継続的なエンタープライズオートメーションプロジェクトのための強固な基盤を構築することが重要です。

UiPath社によると、オートメーションCOEは、自動化出力を合理化し、構造を提供し、ユーザーが企業全体で自動化を拡大できるようにする社内チームと定義しています。自動化の専門家からなるチームを持つことで、ユーザーは戦略策定における時間とコストを削減し、企業は自動化プログラムから最大限の成果を得ることができるようになります。

技術評価・コンサルティングサービス

オートメーションCOE市場は、サービス別に、技術評価・コンサルティングサービス、設計・テストサービス、ガバナンスサービス、導入支援サービスに分類されます。オートメーションCOEは、複数の技術を組み合わせて、意思決定と継続的な学習を伴う複雑なエンドツーエンドのビジネスプロセスを自動化するものです。企業はこの技術を活用し、小さなルールベースのタスクから複雑なビジネスプロセスまでを自動化するための、優れた自動化能力を必要としています。

大企業による市場の占有

オートメーションCOE市場は、組織規模に基づき、中小企業と大企業に区分されている。中小企業は従業員数1~1,000人の企業であり、大企業は従業員数1,000人以上の企業である。グローバル化に伴い、企業はビジネス目標を達成するために、顧客だけでなく社内のスタッフを教育する必要性を認識しています。企業は、利益率の向上と業務効率の改善を支援する技術を必要としています。大企業は、世界中に存在するチャネルパートナーの複雑なネットワークにより、今後数年間でオートメーションCOEを急速に導入することが予想されます。

米国・欧州の市場シェア

地域別に、市場は、北米、アジア太平洋地域、欧州、その他の地域(RoW)に分類されます。RoWは、中東・アフリカと中南米を対象としています。今後は、北米が市場を支配すると予想されます。北米市場の成長は、同地域におけるオートメーションCOEの大手サービスプロバイダーの存在と、R&Dへの投資の増加に起因していると考えられます。

多くの企業で、財務、人事、販売、マーケティング、カスタマーサポートなどの業務に、統合および自動化技術を選択する傾向が強まっています。Work Automation Index 2022によると、北米では現在、66%の組織が5つ以上の部門でCOEプラットフォームを使用しており、7つの部門を自動化している組織の数は、2019年からほぼ3倍になりました。北米と欧州は、これらの地域の企業がトレンドの技術をいち早く採用していることから、相対的に大きなシェアを占めると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]