心臓マーカー検査の市場規模、2027年に77億米ドル到達予測

心臓マーカー検査の市場規模は、2022年の50億米ドルからCAGR8.7%で成長し、2027年には77億米ドルに達すると予測されています。心臓マーカー検査市場の成長は、心血管疾患の著しい増加、高齢者人口の急増、心臓疾患の診断に有効な新規心臓バイオマーカーを発見するための官民組織による研究・資金提供の取り組みが増加していることが主な要因となっています。米国心臓協会(AHA)によると、米国におけるCVDの有病率は2010年の36.9%から2030年には全人口の40.5%に達すると予測されています。

一方、検体の採取や保存に伴う技術的な問題、規制や償還制度に関する問題などが、市場の成長をある程度抑制すると予想されます。心臓マーカー検査市場は、製品、バイオマーカータイプ、疾患、エンドユーザー、地域別に分類されます。

バイオマーカータイプ別に、トロポニンIとTの推定値が最大

バイオマーカータイプ別に、市場は、トロポニンI・T、クレアチンキナーゼMB(CK-MB)、ナトリウム利尿ペプチド(BNP、Nt-proBNP)、ミオグロビン、高感度CRP(hs-CRP)、その他の心臓マーカーに分類されます。2021年の市場では、トロポニンIおよびTが51.1%で最大シェアを占めました。

高い感度と特異度、長い上昇時間(4~8時間で上昇、10~24時間でピーク、10日間で低下)、迅速な予後予測などの要因が、同セグメントの成長を促進しています。検査技師は他のバイオマーカーと比較して、これらのマーカーの使用に慣れています。

エンドユーザー別に、ラボラトリー検査施設セグメントが最大シェアを占める

エンドユーザー別に、市場は、ラボラトリー検査施設、学術機関、ポイントオブケア検査施設に分類されます。2021年は、ラボラトリー検査施設セグメントが61.4%で最大シェアを占めました。高い検査スループット、POC検査と比較して優れた感度および診断精度、POCT検査よりもラボ検査への高い嗜好性などの要因が、同セグメントの成長を促進しています。

アジア太平洋地域は最高のCAGRで成長

地域別に、アジア太平洋市場は、心臓マーカー検査で最も急速に成長することが推測されます。同地域は、医療インフラ改善のため、新興国政府による投資が増加しており、独立した臨床検査機関の数の増加、大規模な患者集団の存在、アジア太平洋地域における心臓検査製品のリーチ拡大のための戦略によって牽引されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]