酪酸の市場規模、2027年に4億9200万米ドル到達予測

酪酸の市場規模は、2022年の3億1700万米ドルからCAGR9.2%で成長し、2027年には4億9200万米ドルに達すると予測されています。加工食品の消費量の増加とともに、動物飼料分野が伸びていることが、同市場の成長を牽引しています。

合成酪酸セグメント

酪酸は、一般的に石油化学原料からの化学合成を利用して工業的に生産されています。プロピレンは入手が容易で安価であり、石油化学分野で化学合成に使用される原料です。入手が容易で製造コストが安いことから、合成酪酸分野の牽引役となることが期待されています。

ヒト用栄養補助食品セグメント

酪酸は、消化器系の健康増進、炎症の抑制、脳の保護、体重のコントロール、癌の予防に不可欠です。体内の腸内細菌は、人が消化できない食品を酪酸に変換し、健康上さまざまなプラスの効果をもたらします。この酪酸の特性は、ヒト用栄養補助食品として市場を牽引するものと思われます。

アジア太平洋市場

アジア太平洋地域の酪酸市場は、2027年まで最も高いCAGRで成長すると予測されています。同地域の国々は、人口の購買力の増加やタンパク質が豊富な肉食の需要などにより、大幅な成長が見込まれており、市場の成長が促進されます。

市場の主な参加企業には、Perstorp Holding AB(スウェーデン)、OQ Chemicals GmbH(ドイツ)、Eastman Chemical Company(米国)、Palital Feed Additives B.V. (オランダ)、東京化成工業株式会社(日本)、Snowco(中国)などが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]