食品安全性検査の市場規模、2027年に311億米ドル到達予測

食品安全性検査の市場規模は、2022年の211億米ドルからCAGR8.1%で成長し、2027年には311億米ドルに達すると予測されています。食品安全性検査市場は、規制コンプライアンスを満たすために食品安全性認証が必要となる国内需要/消費食品の増加に伴い、また、世界中の食品取引の増加に伴い、食品由来のアウトブレイクや病気のリスクを軽減し、食品偽装を防止するために、食品安全性検査の需要が増加しており、成長し続けています。

食品安全検査は、微生物学的、物理的、化学的組成に基づいて食品の安全性を判断する科学的根拠に基づく方法で、正確さや明確さが求められます。食品安全検査は、より安全な食品に対する世界的な需要と、食品供給の持続可能性に対応するために役立ちます。毎年、食品安全問題は世界中の国々で経済的損失をもたらしています。中低所得国では、食中毒が原因で少なくとも年間1000億米ドルの損失が発生していると推定されており、清潔で安全、かつ持続可能な食品を消費者に提供することが求められています。食品ビジネスは、食品供給の安全性を維持するために一連の検査手順を確立しています。食中毒やアウトブレイクに関するその他の課題とともに、食品の安全性試験と品質保証を適切に行うことで、食品ロスや安全でない食品の生産を最小限に抑えることができます。また、食品安全試験は、過酷な条件に耐えられるように加工された食品の評価にも利用されます。汚染された食品の安全性やリスクに関する消費者の意識は、食品安全性検査採用の増加につながっています。

検査対象別に、GMOS市場は、最も高いCAGRで成長

GM(遺伝子組み換え)食品安全性検査市場は、遺伝子組み換え作物の出現と、広範囲なリーチを持つ多国籍企業による遺伝子組み換え原料の使用によって推進されてきました。遺伝子組み換え作物の受け入れは進んでおり、その採用は経済的にも環境的にも大きな利益をもたらしています。過去17年間、これらの成果は主に除草剤耐性と昆虫耐性という2つの形質によって支えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]