電気絶縁材料の市場規模、2027年に143億米ドル到達予測

電気絶縁材料の市場規模は、2022年の106億米ドルからCAGR6.2%で成長し、2027年には143億米ドルに達すると予測されています。新興市場の需要の高まりと再生可能エネルギーの成長が、電気絶縁材料メーカーに大きな成長機会を提供すると期待されています。

電力システムセグメントが最大シェアを占める

電気絶縁材料は、電力システムにおいて重要な役割を担っています。変圧器は、電気絶縁材料を利用する電力システムの最も重要な機器です。電気絶縁材は、動作温度の制御、材料の互換性、および一般的な絶縁要件において必要とされます。オイルは、変圧器に使用される主要な電気絶縁材料です。

熱可塑性樹脂は、急成長している電気絶縁材料の一つ

熱可塑性プラスチックは、電気絶縁材料で広く使用されており、2021年には金額ベースで市場全体の34.2%を占めました。熱可塑性プラスチック市場は、2022年から2027年の間CAGR6.3%で成長すると予測されています。熱可塑性プラスチックは、電化製品の強度を高めるための耐熱性や互換性に優れているため、需要が増加しています。

電気絶縁材料は北米が2番目に大きな市場となる

北米は電気絶縁材料の2番目に大きな市場です。北米の電気絶縁材料は、米国、カナダ、メキシコが主要国であり、強力な産業基盤を有しています。この地域には、DuPont、ITW Formex 3 M、Haysite Reinforced plasticsなど、電気絶縁材料市場で事業を展開している主要企業が拠点を置いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]