動物用疼痛管理の市場規模、2027年に25億米ドル到達予測

動物用疼痛管理の市場規模は、2022年の18億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2027年には25億米ドルに達すると予測されています。痛みとは、刺激を変換し、解釈と反応のために脳に伝達するという化学的プロセスを表す生理学的用語です。刺激は、組織に対する、物理、温度、化学、あるいは炎症性の損傷の可能性があります。動物病院では、鎮痛剤と鎮痛装置によって疼痛管理が行われます。

コンパニオンアニマルの普及、先進国における獣医の数の増加と所得水準の向上、肉・牛乳の消費量の増加、痛みや炎症を引き起こす動物疾患の有病率の増加、動物の健康支出の増加に伴うペット保険の普及率の上昇などの要因が、市場の成長を促進すると期待されています。一方、ペットの医療費負担の増大は、市場の成長をある程度抑制する可能性があります。

牽引要因:先進国での開業獣医の増加

先進国における開業獣医の増加は、民間臨床診療所や病院の増加をもたらす主要な要因の1つとなっています。米国獣医師会によると、米国における獣医師数は2017年の11万7735人から2020年には11万8624人に増加しており、米国、オーストラリア、ニュージーランドの獣医師数は、年間3~4%以上増加しています。これらの国の動物用疼痛管理製品の市場も成長することが予想されます。

抑制要因:ペットケア費用の増加

ドイツなどの欧州諸国では、犬1匹当たり年間約162.9米ドル、猫1匹当たり年間75.61米ドルの動物医療費が必要とされています。過去10年間で、ペットの医療費は大幅に増加しています。APPA 2021のレポートによると、ペットケア業界では、獣医学的治療が2番目に高い支出源となっています。例えば米国では、動物医療と関連製品の販売に、2020年には314億米ドル以上、2021年には343億米ドルが費やされています。疼痛管理機器の進歩はその管理に大きな役割を果たしますが、処置に使用される材料や機器は非常に高価です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]