電池材料の市場規模、2027年に1204億米ドル到達予測

電池材料の市場規模は、2022年の578億米ドルからCAGR15.8%で成長し、2027年には1204億米ドルに達すると予測されています。同市場は、EV、携帯機器、電子製品、産業用などさまざまな用途での需要が増加していることから、今後高い成長を示すことが予測されます。

牽引要因:政府の補助金とクリーンエネルギー

すべての国が、二酸化炭素排出量ゼロを達成するためにクリーンエネルギーを求めています。先進的なバッテリー技術は、排出規制の達成に役立ちます。各国政府は、補助金、政策変更、二酸化炭素排出に関する規制により、電気自動車を推進しています。世界の電気自動車需要は過去数年で増加しています。特に、中国は電気自動車市場を牽引しており、2021年には2020年の世界全体の販売台数を上回る330万台の自動車が販売されることが予想されます。

抑制要因:充電インフラの未整備

リチウムイオン電池は主に電気自動車に使用されています。充電インフラの有無はEV産業の持続可能性に不可欠な要素であり、充電インフラが不足すると、電気自動車は限られた地域でしか走行できません。各国では充電インフラの整備が進められています。

市場機会:エネルギー貯蔵装置における電池の利用

鉛電池やリチウムイオン電池は、エネルギー貯蔵機器に使用されており、さまざまな用途で優れた性能と高出力を発揮するよう方向付けられています。データセンターではスムーズな電力供給が求められるため、無停電電源装置(UPS)を使って負荷に電力を供給しています。また、エネルギー貯蔵装置は、再生可能エネルギー発電やハイブリッド自動車システムにも使用されています。

課題:鉛蓄電池の材料に関する規制と安全性の問題

鉛蓄電池の主な材料は鉛です。鉛は有毒物質であり、暴露された人は神経障害、心身の発達の遅れ、集中力や学習能力の低下などの健康問題を引き起こす可能性があります。そのため、鉛蓄電池を使用する際には、特別な技術や注意事項、適切なトレーニングが必要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]