屋内位置情報の市場規模、2027年に240億米ドル到達予測

屋内位置情報の市場規模は、2022年の88億米ドルからCAGR22.4%で成長し、2027年には240億米ドルに達すると予測されています。カメラ、LED照明、PoSデバイス、デジタルサイネージへのビーコン搭載の拡大が、屋内ロケーション市場を牽引することが予測されます。

牽引要因:スマートフォン、コネクテッドデバイス、位置情報アプリケーションの顧客層拡大

スマートフォンの普及率が急激に上昇しています。より明白なのは、消費者のモバイルの購買行動に変化が生じていることです。新興企業や既存企業は、このような新しい動きに素早く対応し、屋内ユーザーを惹きつけるための位置情報アプリケーションを提供する方法を見出しています。屋内位置情報技術の導入により、小売業者はユーザーエクスペリエンスを向上させ、対象物やあらゆる場所のナビゲーションを提供することができるようになりました。屋内位置情報ソリューションは、広い屋内空間にいる顧客とブランド、製品、パートナーとを結びつける機会を企業にもたらし、顧客との関係や売上を増加させるさまざまな方法を提供しています。BLEやWi-Fiなど様々な技術の普及により、ユーザーは特定の範囲内で人の位置を検出することができるようになりました。

抑制要因:政府の厳しい規制や規則

厳しい規制や規則は、屋内位置情報市場の成長にとって最大の課題となっています。World Wide Web Consortium(W3C)、Open Geospatial Consortium、Health Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA)などの政府の規制や規則は、位置情報のデータ収集、共有、および利用を制限しています。世界各国では、自国民のセキュリティとプライバシーを優先するため、位置情報の利用を制限しています。欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)は、市民の個人識別情報(PII)の保護に焦点を当てたEUによる初めての試みです。GDPRは、企業間における顧客の信頼を築く機会を提供することで、ビジネスパフォーマンスの向上に貢献する可能性があります。

市場機会:リーンオートメーションとロボットプロセスをサポートする屋内位置情報技術への需要

製造業や物流業界におけるリーンオートメーションやリーンロボティクスなどのプロセスでは、建物の敷地内で製品、小包、資産を監視し、制御を行うための屋内位置情報技術が必要とされています。資産や大量の物体を追跡するために、RFID、Wi-Fi、ビーコンなど、さまざまな屋内位置情報技術が使用されています。Wi-Fiベースの屋内位置情報技術には、ノード間の距離や角度などのパラメータを特定するレンジベースの技術が含まれます。製造業では、精度と分析が最も重要な要素であり、それらに関連する情報は、リアルタイムの資産情報によって得ることができます。屋内位置情報市場は、製造業、流通業、物流業において大きな可能性を持っています。例えば、屋内位置情報市場の大手プロバイダーであるUWINLOCは、倉庫のストックフローの最適化、資産の監視を行い、遅延を減らすために屋内位置情報ソリューションを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]