炭酸ジメチルの市場規模、2027年に16億米ドル到達予測

炭酸ジメチルの市場規模は、2022年の11億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2027年には16億米ドルに達すると予測されています。同市場は、電気・電子、自動車、建築・建設、消費財、医療業界におけるポリカーボネートの需要増加などの要因によって牽引されています。

牽引要因:ポリカーボネート需要の増加

ポリカーボネートは、電気・電子、自動車、建築・建設、消費財、医療などの業界においてエンジニアリング熱可塑性樹脂として広く使用されており、透明性、強度、熱安定性、耐薬品性・耐熱性、寸法安定性などの特性により需要が増加しています。ポリカーボネート素材は、主に建築分野と自動車分野で使用されており、プラスチックポリマーの生産需要を加速させています。ドイツ、日本、タイ、南アフリカなどの国々では、技術の向上、政府の支援、包装、電子機器、医療産業からの需要により、プラスチックポリマーの生産が増加しています。

抑制要因:炭酸ジメチルの合成に使用される毒性の高い原料

従来の炭酸ジメチルの製造方法は、ホスゲンや一酸化炭素などの有毒なガスを使用し、有害な副産物を発生させます。ホスゲンは非常に毒性の高い化学物質であり、深刻な健康問題につながる可能性があります。ホスゲンを使用する工程では、安全性を確保するために余分なコストが発生し、副生成物の処理も環境に大きな影響を与えます。炭酸ジメチルの合成には、メタノールのホスゲン化プロセスが使われており、炭酸ジメチル市場の成長を制限する要因となっています。

市場機会:酸素系燃料添加剤としての炭酸ジメチル

炭酸ジメチルは、無毒で、環境に優しく、腐食性がなく、取り扱いが安全なため、ディーゼル/ガソリン燃料の代替燃料や酸素添加燃料として、多くの研究者に推奨されています。また、市販のガソリンに含まれるMTBEに代わる酸素添加剤として導入されています。一部の政府は、健康や環境に有害であるとして、プレミアム無制限ガソリン燃料におけるMTBEの使用を制限しており、燃料添加剤としての炭酸ジメチルの使用は、今後数年間で潜在的な市場となることが予想されます。

課題:石油・ガス価格の大幅な変動

炭酸ジメチルの原料であるメタノール、酸化エチレン、二酸化炭素は原油から派生しているため、原油・ガス価格の変動は炭酸ジメチルの製造に悪影響を及ぼします。炭酸ジメチルのコストは、原料の価格と入手可能性に依存しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]