地理空間分析の市場規模、2027年に1199億米ドル到達予測

地理空間分析の市場規模は、2022年の674億米ドルからCAGR12.2%で成長し、2027年には1199億米ドルに達すると予測されています。GIS、地球観測、3Dスキャン、衛星画像、マッピング、その他多くの地理空間技術を利用することで、地理空間分析は地理データの収集、統合、表示、操作、分析に役立ちます。政府や企業組織では、リスク評価と軽減、災害管理、都市開発に関する意思決定を行うための重要な情報源として、地理空間データを利用できるようになりました。

牽引要因:ビッグデータ解析の進展

ここ数年、企業にとって最も重要な変化の1つは、ビッグデータ解析の出現です。International Data Corporation (IDC) は、2025年までに162ゼタバイトのデジタルデータが生成されると予測しています。さまざまな業界の企業が、拡大するデータを活用して競争の優位に立つ方法を模索し続けています。ビッグデータ解析は、より良い意思決定により、組織の時間とリソースを節約することができます。大きく、複雑なデータを評価するために、ビッグデータ解析と分散コンピューティングが採用されています。クラウドサービス、組み込みセンサー、ソーシャルメディアなどの新しいテクノロジーの出現や、地理空間テクノロジーの急速な普及により、データのマッピングや分析が複雑化しています。GISとともにビッグデータ解析が導入されたことで、新興の地理空間解析ベンダーにとって成長機会が拡大しました。ビッグデータ解析は、収集した大量のデータをできるだけ短時間で処理することで、ビジネスインテリジェンスの獲得を目指しています。

抑制要因:GISソリューションのコスト高

ここ数年、地理空間データの応用範囲が着実に発展しています。しかし、GISソリューションのコスト高や地理的データの壁が、地理空間ビジネスの成長を阻む要因となっています。GISソフトウェアの開発とリアルタイムデータ収集の複雑化により、ソフトウェアのコストが高まっています。また、データが互換性のないフォーマットで提供されているため、地理空間データ市場の成長の妨げとなっています。GISプロバイダーは、対応策として地理空間データ変換装置を採用していますが、その互換性は不十分です。データの変換と統合は、GIS全体の導入コストの上昇を招きます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]