Bluetooth 5.0の市場規模、2027年に70億米ドル到達予測

Bluetooth 5.0の市場規模は、2022年の41億米ドルからCAGR11.0%で成長し、2027年には70億米ドルに達すると予測されています。家電製品にBluetooth 5.0が採用され、ワイヤレス通信が可能になったことが市場成長の原動力となっています。

牽引要因:IoTデバイスへの投資の増加

産業活動の自動化のためのセンシング技術への投資の増加が、IoTコネクティビティ産業の増収につながっています。オーディオデバイス、車載用エンターテイメントおよび診断デバイス、スマートシティプロジェクト、自動化、Bluetooth機能と統合されたウェアラブルエレクトロニクスなどの需要増により、市場は継続的な拡大が続いています。

COVID-19の大流行により、医療モノのインターネット(IoMT)の導入が進み、病院や家庭でのハンズフリー医療技術の需要が高まっています。血糖値や血圧のモニターなどのウェアラブルヘルスモニターは、在宅医療の拡大でより一般的になってきました。リソースの追跡や遠隔予約のためにIoT接続を採用し始めた病院も増えています。これらのトレンドは、パンデミックの沈静化に伴い、医療をより身近なものにするため、今後も拡大していくものと思われます。

抑制要因:パケット干渉

干渉は、信頼性の高いデータ通信を提供する上で、あらゆる無線技術にとって最大の課題の1つとなっています。BluetoothやWi-Fiなどの無線技術は伝送媒体を共有しているため、送信中のデータパケットが、同じ周波数帯で同時に送信されている他のパケットと衝突すると、破損や消失の可能性があります。

衝突は無線通信における大きな課題であり、特に混雑した無線環境では問題となります。Bluetoothはスペクトラム拡散技術により、衝突のリスクを軽減しています。

市場機会:Bluetooth位置情報サービスデバイスの高い普及率

Bluetooth技術は、個人の持ち物探しや屋内ナビゲーションから、資産追跡やデジタルキーまで、高精度な屋内位置情報サービスに対する需要の高まりに対応するデバイス位置情報ソリューションとして広く採用されている。Bluetoothデバイスは、他のデバイスの存在、距離、方向を特定することができ、他の測位用無線とは異なる柔軟性を備えているため、ビルの管理者やオーナーは屋内測位ソリューションを拡張し、ビルのニーズの変化に対応することができます。Bluetooth market update report 2021によると、現在のBluetooth位置情報サービスの実装のうち79%に屋内ナビゲーションが含まれているとのことです。

Bluetooth技術は、倉庫内の工具や作業員の位置確認、病院内の医療機器や患者の位置確認など、モノや人を追跡するリアルタイムロケーションシステム(RTLS)ソリューションの急成長に拍車をかけています。商業施設や産業施設では、リソースと在庫の管理を最適化するために、Bluetooth資産管理ソリューションへの移行がますます進んでいます。Bluetooth位置情報サービスソリューションの中でも、RTLSとタグは継続的な成長を支える主要な原動力となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]