バイオ界面活性剤の市場規模、2027年に19億米ドル到達予想

バイオ界面活性剤の市場規模は、2022年の12億米ドルからCAGR11.2%で成長し、2027年には19億米ドルに達すると予想されています。バイオ界面活性剤は、生物由来の界面活性剤で、固体、気体、液体間の界面張力を低下させ水などの液体に分散・混合でき、親水性の極性基と疎水性の非極性基を持つ両親媒性の化合物です。極性のある「頭部」はリン酸、アミノ酸、炭水化物などであり、非極性の「尾部」は一般に炭化水素鎖で構成されています。

牽引要因:合成界面活性剤使用に関する規制

石油化学製品から生産される界面活性剤は、さまざまな化学プロセスを経て、有毒な廃棄物やガスを放出します。これらの化学物質は、環境と健康に影響を与える可能性があります。米国環境保護庁(US EPA)、食品医薬品局(FDA)、フロリダ州環境保護庁、REACHなど、環境中の有毒化学物質の排出を規制する法律や規制を課す規制組織では、生物由来の界面活性剤の使用を後押ししています。製造業者の意識の高まりにより、バイオ界面活性剤の商業規模での実現を目的に、研究開発活動が活発化しています。

抑制要因:高い生産コスト

研究対象として注目されているバイオ界面活性剤は、合成界面活性剤に比べて毒性や生分解性が低く、相分離、重油の粘度低下、可溶化、乳化、脱乳化、起泡、湿潤など、さまざまな特性を発揮します。このような利点があるにもかかわらず、規制当局から承認され、商品化されたものはごくわずかに過ぎません。バイオ界面活性剤の生産コストは、合成界面活性剤の約3倍から10倍になる場合もあります。原料、微生物発酵、製品の精製工程に関連するコストが高いことが、バイオ界面活性剤の工業規模での生産を困難にしています。

市場機会:抗腫瘍剤および免疫調節剤としてのラムノリピッド

ラムノリピッドはヒトや動物のがん細胞に対して非常に強力な作用を持ちます。PA B189から製造されたジラムノリピッドは、昆虫細胞株C6/36と乳がん細胞株MCF-7の増殖を阻害することがわかっています。B1898から製造されたラムノリピッドは、傷を癒し、食細胞および非食細胞の細胞骨格を認識し、その形態を変化させることができ、この特性は、起源の異なる腫瘍に由来する様々な細胞でテストされています。ラムノリピッドの多様な作用に基づき、近年、免疫調節物質としてのラムノリピッドの役割に注目が集まっています。これらのバイオ界面活性剤は、体液性免疫系および細胞性免疫系の調節に影響を及ぼします。ラムノリピッドは免疫細胞を活性化し、炎症性サイトカインを産生することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]