サイバーセキュリティの市場規模、2027年に2662億米ドル到達予測

サイバーセキュリティの市場規模は、2022年の1735億米ドルからCAGR8.9%で成長し、2027年には2662億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因としては、企業に対する標的型サイバー攻撃の増加による業務妨害、IoTセキュリティソリューションの需要拡大、データ漏洩の増加、重要インフラに対するサイバー攻撃の懸念などが挙げられます。しかし、サイバーセキュリティソリューションの導入や実装に関する課題や、巧妙なサイバー脅威の多様な性質が、市場成長の妨げになると予想されます。

COVID-19のサイバーセキュリティ市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、デジタルビジネスを加速させ、サイバーに精通したブレーンの必要性を高めました。COVID-19の流行期間中、各国企業では37%のサイバー攻撃の増加を記録し、コーポレートガバナンスの開示、職場の健康と安全、データプライバシー、サプライチェーン、運転資金の合理化のためにサイバーセキュリティサービスの採用が進みました。サイバーセキュリティチームには、無数の形態のデジタルトランスフォーメーションやその他の新技術の保護が求められています。Accentureなどの企業は、COVID-19によるビジネスの混乱に取り組む企業を支援するために、コンプライアンスとリスクのオンライントレーニングを提供しています。近年、ライブストリーミング、eラーニングなどにおいて、革新的なアンチウイルスソリューションは非常に重要なものとなってきています。インターネットアクセスの需要の増加を満たすためにWi-Fiの足跡を拡張するウイルス対策技術の継続的な利点は、サイバーセキュリティ市場の成長を加速させます。COVID-19は、クラウド導入へのシフトを加速させ、その結果、クラウドベースのサイバーセキュリティも進化を遂げました。

牽引要因: CSMAによるセキュリティインフラの簡素化

CSMA(サイバーセキュリティ・メッシュ・アーキテクチャ)は、多くのサポートレイヤーとセキュリティサービスのモジュール化により、セキュリティの複合性と拡張性を高めることを目的としています。サイバーセキュリティ市場において、CSMAは、より統合的で協調的なセキュリティ環境を促進し、組織がより少ないリソースでより高いセキュリティを達成することを支援します。このセキュリティ戦略は、特にハイブリッドやマルチクラウドへの移行に適しています。企業は、成長を続ける多くのIT環境に対して均一なセキュリティを提供する必要があり、変化するセキュリティ上の懸念に対応するため、CSMAはより協調的で適応性・拡張性の高いアプローチを可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]