心臓安全性サービスの市場規模、2027年に10億米ドル到達予測

心臓安全性サービスの市場規模は、2022年の6億米ドルからCAGR11.2%で成長し、2027年には10億米ドルに達すると予測されています。製薬・バイオ医薬品業界における研究開発費の増加と、研究開発活動のアウトソーシングの急増が、同市場の成長を促進する主な要因となっています。

製薬・バイオ医薬品業界における研究開発費の増加

製薬会社は、高品質で革新的な製品を市場に提供するために研究開発に投資しています。現在、トップクラスの製薬会社は、長期的な投資に対するリターンを見込むために多額の研究開発投資を行い、共同開発の取り組みを通じて研究開発の効率性を高めています。これは、心臓の安全性評価を含む前臨床および臨床サービスの需要拡大に寄与するものと思われます。

バイオシミラーとバイオロジクス市場の成長

多くの企業が、生物製剤やバイオシミラー分子の開発に多額の投資を行っています。創薬段階にある医薬品候補の半分以上は、タンパク質、ペプチド、モノクローナル抗体などの生物学的製剤です。より新しい生物製剤が発見され、パイプラインにあるため、製薬会社や生物製薬会社は研究開発に多額の投資を行っています。さらに、バイオシミラー医薬品は、特許を取得している生物学的製剤の後発品であるため、厳しい規制要件を満たす必要がなく、費用対効果に優れています。また、生物製剤やバイオシミラーには専門的な試験サービスが必要とされます。これは、安全性評価プロバイダーにとって、そのポートフォリオと能力を拡大する機会をもたらすと思われます。

心臓安全性サービスの高コスト

米国における医薬品開発コストの上昇と新薬承認数の減少は、公衆衛生を脅かす重大な問題です。標的外薬物作用の心臓安全性評価は、一般的に高価で時間がかかり、多くの新分子化合物の開発中止の一因となっています。このことは、心臓安全性評価試験の需要に影響を与え、医薬品開発全体の妨げとなります。

タイプ別に、2021年の市場は、統合サービスセグメントが圧倒的なシェアを占めると予想されます。統合サービスは、製薬会社やバイオ医薬品会社にサービスのバンドルとして提供されます。これらの最先端のコアラボサービスは、イメージングサービス、TQT試験、プロファイルQT試験など、心臓安全性サービスのエンドツーエンド・スイートを提供します。また、オフターゲット心血管系障害のモニタリングや、認定看護師によるマルチチャンネルテレメトリーにより、心拍数やリズムのリアルタイムな評価も可能です。これらのサービスは、医薬品およびバイオ医薬品の開発サイクルにおける、臨床試験の強化と迅速化に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]