ナッツ製品の市場規模、2027年に89億米ドル到達予測

ナッツ製品の市場規模は、2022年の67億米ドルからCAGR5.9%で成長し、2027年には89億米ドルに達すると予測されています。市場成長の背景には、スナック食品業界の成長、健康志向の食材の配合、健康訴求に関する意識の高まりなどがあります。世界人口の大半が健康的で栄養価の高い食生活を実践していることにより、低カロリー、低糖質、植物性、低脂肪の特性を持つナッツ製品の人気が高まっています。ナッツ製品の健康上の利点は、多くの用途における採用につながっています。

牽引要因:健康意識の高まりによる食事パターンの進化

通常の食生活のみならず栄養全体に対する意識が高まっており、健康的なライフスタイルへの傾倒が世界市場を牽引することが予測されます。健康やウェルネスをうたった便利な製品への消費者の嗜好の変化が、ナッツ製品の高い需要につながっています。健康への懸念と意識の高まりが、消費パターンの進化につながっています。さらに、消費者の食品の選択は、健康をサポートするために変化しています。アーモンド、クルミ、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、ピーカンは、関節や骨の維持、認知の健康に必要なオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。

抑制要因:原料であるナッツの入手可能性とコストの変動

ナッツは農産物であり、価格が高く入手が不確実な原料です。エキゾチックで珍しいナッツ類は、収穫量が変動するため、入手が困難です。ナッツを取り扱うメーカーは、綿密な在庫管理システムを必要とするものの、中小規模のメーカーには難しい場合があります。ナッツをバターやペースト、フィリングといった付加価値の高い製品に加工するコストは、加工食品・飲料メーカーに転嫁され、最終的には消費者に転嫁されます。この事が、市場成長の抑制要因の1つとなっています。

市場機会:ナッツ類および派生製品の用途拡大

植物由来の乳製品代替品や肉類類似品の成長は、ナッツ製品メーカーに大きな機会をもたらしています。Olam InternationalやBarry Callebautなどの主要企業は、近い将来、優位性を得るために、これらの魅力的な最終用途に対応する努力を強化しています。さらに、食品産業とは別に、非食品分野も収入源として機能する可能性があります。ナッツの成分は、化粧品や医薬品など様々な産業で応用されており、化粧品市場の中でも高齢化社会は重要なセグメントとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]