膜ろ過の市場規模、2027年に221億米ドル到達予測

膜ろ過の市場規模は、2022年の161億米ドルからCAGR6.5%で成長し、2027年には221億米ドルに達すると予測されています。ろ過手順に関する消費者の意識の高まりと、飲料業界からの高度な膜ろ過技術に対する需要の高まりが、市場成長の原動力となっています。さらに、膜ろ過は液体の品質を向上させるため、乳製品や飲料製品メーカーの間で人気を博しており、最終的に膜ろ過市場の成長を後押ししています。

牽引要因:プレミアム製品への需要拡大

近年、食品・飲料用途における膜ろ過技術の需要は、有害微生物の除去という役割から大きく伸展しています。最近では、世界中の消費者が高品質で安全な付加価値の高い食品を求めるようになったため、食品・飲料メーカーは積極的に食品安全技術を採用するようになりました。限外ろ過技術は、カゼイン、粉乳、タンパク質濃縮物を添加することなくタンパク質含有量を標準化するため、牛乳の標準化を実現することができ、高級乳製品メーカーに広く採用されています。

抑制要因:高いセットアップコスト

膜ろ過技術は、精製と全体的な運用コストの削減を実現する技術です。しかし、膜ろ過装置の初期構築は非常に高価であり、今後の重要な課題要因になると考えられます。インドや中国など、比較的新しい発展途上国では、高いセットアップコストが膜ろ過市場の成長を抑制する要因になる可能性があります。

市場機会:水系感染症の増加

WHOによると、毎年、340万人以上が水系疾病により死亡しており、水系疾病は世界の疾病と死亡の主要な原因となっていると言われています。犠牲者の多くは幼い子供で、その大半は生ごみで汚染された水源で繁殖する病により死亡しています。このため、各地域の政府、食品、飲料、乳製品メーカーが膜ろ過技術によって水質を向上させ、細菌を除去しており、今後もこれを実践していくことで、膜ろ過市場に大きな機会を生み出すと考えられています。

課題:膜ろ過の利点に関する認知度の低さ

食品加工業界で、メーカーは化学的または生物学的な従来の精製・ろ過プロセスを使用しています。膜ろ過技術は、高効率で、食品や飲料の調製が少なく済む可能性があります。さらに、従来のプロセスに比べて消費エネルギーが少なく、生産コスト全体を削減することができます。しかし、これらの利点に対する認識が不足しているため、メーカーは依然として従来の浄水技術を使用しており、この事が、膜ろ過市場における課題になり得ます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]