食品包装用フィルムの市場規模、2027年に723億米ドル到達予測

食品包装用フィルムの市場規模は、2021年の498億米ドルからCAGR6.4%で成長し、2027年には723億米ドルに達すると予測されています。食品・飲料用包装は、包装業界の最大セグメントの1つで、パッケージングは、製品の鮮度を保ち、ダメージを与えないという重要な役割を果たすとともに、効率的なマーケティングツールとしての役割も果たしています。食品包装用フィルム市場は、業界の成長と連動して成長してきました。

牽引要因:配向フィルムに対する需要の高まり

二軸延伸フィルムは、2016年から2021年にかけて需要が大きく伸び、2027年まで安定した速度で成長すると予想されます。二軸延伸フィルムの需要は、多くの包装フィルムメーカーに、二軸延伸フィルム包装に投資することを促しました。二軸延伸フィルムは、機械的特性、光学特性、バリア特性を向上させるために、機械方向(MD)と横方向(TD)の両方に延伸されており、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリスチレン(ps)、ポリ塩化ビニル(pvc)、ポリアミド(PA)など、さまざまな材料で作られています。

抑制要因:変動する原材料費

食品包装用フィルムの製造にかかるコストの大半は原材料に起因しています。食品包装用フィルム用ポリマーは、石油を原料としており、原油価格の変動傾向や用途の多様さから、コストへの圧力は変動することが予想されます。製造に使用されるポリマーやモノマーの原材料価格の変動は、食品包装用フィルム市場の成長に大きな制限となっています。原材料の価格は、主に物流(製造場所)、人件費、取引コスト、関税に左右されます。これらの要因はすべて、ポリマー市場から、ひいては食品包装用フィルム市場の成長に影響を与えます。

市場機会:環境に優しいパッケージングへの改革

各国政府は環境汚染の軽減に力を入れており、最終用途部門の環境に優しいソリューションを選ぶように促しています。欧州では、プラスチックの埋立地に対する厳しい規制があり、欧州連合は、2025年までに「プラスチック埋め立てゼロ」を達成する予定です。環境汚染に関する懸念が高まっていることから、パッケージング企業は持続可能性のある環境に優しいソリューションに注目しています。グリーンパッケージング製品は、環境に優しいパッケージングの3つの「R」、すなわちリニューアル、リユース、リサイクルを遵守するよう設計されています。発展途上国の政府は、従来のプラスチックよりも柔軟性の高い天然バイオポリマーを使用した製品を提供するよう、プロバイダーに働きかけています。食品包装用フィルムは、バイオプラスチック、再生紙、森林木材、ヤシの葉など、環境にやさしい包装材料を使って作ることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]