フレキシブルヒーターの市場規模、2027年に17億米ドル到達予測

フレキシブルヒーターの市場規模は、2022年の12億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2027年には17億米ドルに達すると予測されています。革新的な加熱ソリューションに対する要求の高まり、医療、電子・半導体、自動車・輸送、石油・ガス産業での効率的なフレキシブルヒーター提供へのOEMの注力などが、同市場の成長を推進する要因となっています。

自動車&輸送、エレクトロニクス&半導体、航空宇宙、医療などの産業用途により、市場は著しく成長しています。買収、製品発売、販売契約などの戦略を適応させるOEMの存在が、フレキシブルヒーター市場の成長を推進しています。

牽引要因:航空宇宙や自動車など、各種産業での幅広い応用範囲

フレキシブルヒーターは、航空宇宙、自動車、輸送など様々な用途で使用されており、民間航空機システムだけでなく、燃料タンク/パイプ、バッテリーヒーター、液体供給および制御システム(温度安定用)など、さまざまなサブシステムでも使用されています。また、買収システム、車両や船舶の照明、水システム、燃料電池、バルク貨物、パイロットチューブ、ミサイルシステムおよび誘導弾などにも使用されています。米国、中国、インドなどの航空宇宙産業における技術開発での航空機システムの需要増加やインフラ開発の増加は、航空宇宙産業でのフレキシブルヒーター市場をさらに促進することが予想されます。さらに、自動車産業の需要の高まりも、斬新なフレキシブルヒーターの生産に道を開いています。自動車産業では、フレキシブルヒーターはバッテリーウォーマー、セーフティビジョンシステムカメラ、ステアリングホイール、床暖房など、さまざまな用途で使用されています。また、氷や雪を溶かしやすくし、結露を防ぐことからサイドミラーにも使用されています。さらに、スノーモービル運転時のハンドグローブや電車のタンク内の凍結防止にも利用されています。EVやHEVの普及により、フレキシブルヒーター市場の拡大に期待が寄せられています。

抑制要因:膨大な運用コストの要求

フレキシブルヒーターは暖房時に電力を消費するため、電気代がランニングコストに大きく影響します。また、世界的なエネルギー需要の増加に伴い、電気代は年々上昇傾向にあるため、フレキシブルヒーターの運用コストは高くなります。エネルギー効率を高めたフレキシブルヒーターは、効率の悪い従来製品に対して大きなアドバンテージとなります。フレキシブルヒーターに断熱層を設けることで、ヒーターとその周囲の空気との間で熱が伝わりにくくなり、エネルギー効率が向上します。シリコーン系など一部のフレキシブルヒーターに断熱層を設けることで、熱損失を50%程度まで大幅に削減することができます。その結果、フレキシブルヒーターの稼働時の消費電力が50%減少します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]