コーティング用樹脂の市場規模、2027年に709億米ドル到達予測

コーティング用樹脂の市場規模は、2022年の539億米ドルからCAGR5.7%で成長し、2027年には709億米ドルに達すると予測されています。アジア太平洋地域の建築用セグメントにブームが到来することで、コーティング用樹脂の需要増につながると考えられます。

牽引要因:建設業界と自動車業界からの需要増

建設業界の成長と今後のプロジェクトが、塗料・コーティング市場を支える主な要因となっています。世界の建設支出はここ数年で増加しており、2014年の9兆5000憶米ドルから2018年には11兆4000億米ドルに達したものと推定されました。この数字は、人口増加、都市化、技術の進歩により、さらに増加すると思われます。中国、インド、米国は、今後も建設業界を牽引すると予想されます。これは、発展途上国における不安定な経済からの脱却と急速な工業化に起因するものです。

自動車用OEMコーティングは、自動車製造に不可欠な要素です。これらのコーティングは優れた品質と耐久性を提供し、傷や過酷な環境、化学物質への暴露から自動車を保護する優れた機械的特性を備えています。自動車用内装塗料は、自動車の表面積を向上させます。中国など発展途上国の消費者の可処分所得の増加は、乗用車の需要を促進しています。自動車メーカーは、労働コストの低さ、政府の規制の優遇、原材料の入手のしやすさから、中国、インド、タイ、ブラジルなどの新興国に製造施設を設立しています。これらのメーカーは、低コストで高性能なOEMコーティングへのシフトを強めています。また、自動車の再塗装もOEMのコーティング需要に貢献し、コーティング用樹脂の需要につながっています。

抑制要因:欧州経済による輸出需要の減少

日米欧の経済危機は、輸出用コーティング用樹脂の需要減退や資本移動、商品価格の変動を通じて、途上国にも波及しています。欧州諸国の輸出需要の減少は、特に自動車、産業用家具、白物家電製造業界のコーティング剤市場に影響を及ぼしています。

市場機会:規制の緩やかな地域での成長の可能性

北米と欧州は規制の厳しい市場です。これらの地域に拠点を置くコーティング用樹脂の主要メーカーは、政府の厳しい規則や政策に従わなければなりません。しかし、発展途上地域では、この市場に対する規制がほとんどありません。アジア太平洋地域やその他の新興国における規制の緩さが、コーティング用樹脂メーカーにチャンスをもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]