電池用電解質の市場規模、2027年に168億米ドル到達予測

電池用電解質の市場規模は、2022年の76億米ドルからCAGR17.1%で成長し、2027年には168億米ドルに達すると予測されています。電池用電解質は、バッテリーの性能を左右する最も重要な部分であり、その安全性を高めるためにも大きな役割を担っています。

牽引要因:主要産業における電池の需要拡大

近年、電池の需要が大幅に伸びており、今後数年間、かなりのペースで成長することが予想されています。世界的に、自動車や電力などの分野で、従来のエネルギー源の使用を最小限に抑えることに焦点が当てられています。このため、鉛蓄電池やリチウムイオン電池の生産と需要が全体的に増加しています。これらの電池の成長を目撃してきた主な産業には、電気自動車、エネルギー貯蔵、家庭用電化製品があります。

抑制要因:電池材料の効率的なリサイクル技術の欠如

リチウムイオン電池の製造には高いコストがかかるため、電池に使用される原材料のリサイクルが奨励されている。しかし、電池のリサイクル技術は十分とは言えず、インドなどでは、使用済みリチウム電池の不法投棄を防止するための適切な法律がなく、EVバッテリーを安全に廃棄するためのまとまったルールがありません。このことは、将来的にインドが、国内のEVのみならず、輸入された使用済み電池のリチウム廃棄物投棄場になる可能性があることを意味しており、問題視されています。電池材料の効率的なリサイクル技術の欠如は、電池市場の成長やその需要にマイナスの影響を与える可能性があります。

市場機会:新しい電解質を開発するための研究活動の活発化

リチウム電池用電解質の特性を向上させるため、さまざまな研究機関や大手企業によって、研究開発活動が行われています。これは、コスト競争力を高め、電池容量を大幅に増加させることを目的としています。また、固体電解質など新しい形態の電解質を開発し、電池の効率を高める研究活動も行われています。電池用電解質の研究開発の進展は、リチウムイオン電池の需要増に影響を与え、電池用電解質の需要増につながることが考えられます。

課題:新興市場における政府の補助金・奨励金の不足

再生可能エネルギーを奨励するため、各国政府はリチウムイオン電池の生産を支援するための補助金やインセンティブに力を入れています。しかし、アフリカなどの地域では、リチウムイオン電池の生産を強化するための政府からの貢献があまりありません。この事は、電池電解質市場の成長に負の影響を生み出しています。したがって、アフリカ諸国における政府支援の欠如は、バッテリー電解質市場の成長にとって大きな課題となることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]