スタンドアップパウチの市場規模、2027年に367億米ドル到達予測

スタンドアップパウチの市場規模は、2022年の248億米ドルからCAGR8.1%で成長し、2027年には367億米ドルに達すると予測されています。健康意識の高まりと一人当たりの所得向上により、包装された食品・飲料の需要が増加し、スタンドアップパウチの需要を牽引しています。

牽引要因:パッケージングされた食品・飲料の需要増

健康志向の高まりと一人当たりの所得向上により、包装された食品・飲料の需要が増加しており、スタンドアップパウチの需要を牽引しています。インド商工会議所(ASSOCHAM)によると、インドでは2010年から2015年にかけて、パッケージ食品への年間支出額が22.5%増加したことが確認されています。欧米化の進展、生活水準の向上、簡便な食品への嗜好性の高まりが、パッケージ食品の需要増加に寄与しています。パッケージ食品の主なカテゴリーには、乾燥加工食品、調理済み食品、ダイエットスナック、ベーカリー製品、冷凍加工食品、乳製品、健康食品・飲料製品、加工肉が含まれます。

外出の多いライフスタイルは、包装された食品・飲料の需要に大きく貢献しています。長い通勤時間と労働時間、そして便利な食品に対する消費者の嗜好が、すぐに食べられる食品とスナックの需要を促進しています。Produce for Better Health(PBH)財団によると、米国では冷凍食品の寄与率が1985年の9%から2014年には16%に増加しました。パッケージ化された食品の需要の増加は、その後、スタンドアップパウチの需要を促進します。

抑制要因:厳しい政府規制

スタンドアップパウチは、フレキシブルパッケージング業界で最も急成長しているセグメントの1つです。しかし、フレキシブルプラスチックパッケージングに課される厳しい規制が、市場の足かせとなる可能性があります。包装のわずかな欠陥が製品を汚染する可能性があり、またメーカーの利益にも影響するため、規制を遵守することが必要です。食品・飲料、パーソナルケア、ヘルスケア製品などの包装には、耐湿性、遮光性、輸送のしやすさなどの特性が求められます。フレキシブルプラスチック包装を規制する機関には、FDA(米国食品医薬品局)、欧州委員会、EPA(米国環境保護庁)などがあります。

包装材の廃棄物は、分解に数十年を要するため、生態系に害を及ぼします。世界中の政府が厳しい法律を課すことでこの問題に対処しており、その結果、フレキシブルプラスチック包装業界はガバナンスの対象とされています。例えば、欧州の政府は、包装廃棄物やリサイクルの問題に対処するためにさまざまな手段を講じています。新興国では、政府が持続可能な包装を促進するための措置を講じることで、環境保護に焦点を当て始めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]