豆類成分の市場規模、2027年に259億米ドル到達予測

豆類(パルス)成分の市場規模は、2022年の207億米ドルからCAGR4.6%で成長し、2027年には259億米ドルに達すると予測されています。豆類産業は、生産量の伸び悩みに伴う需要のひっ迫に対応するため、世界各国、地域レベルでダイナミックな変化を遂げつつあります。発展途上国では、人口の増加と一人当たりの所得の増加により、豆類市場の需要が短中期的に伸びることが予測されます。豆類は、消費者に代替タンパク源を提供する上で大きな役割を果たしています。The Vegan Reviewによると、欧州では、大豆とエンドウ豆のタンパク質が依然として菜食主義者の製品の多くを占めています。植物性タンパク質に対する需要の高まりは、従来のタンパク質作物からシフトし、より多様な豆類や発芽穀物などの新しいタンパク質源を導入する良い機会となり、安定した品質で魅力的な豆を提供できる供給国にとって、新たな市場機会となる可能性があります。

牽引要因:食品および工業用用途における豆類でんぷんの需要増

豆類でんぷんは、ゲル化、食感改良、結合、コーティング、増粘、フィルム形成など、その多機能性から、パスタや麺類、ベーカリー、製菓、スープやソース、肉や鶏肉など、様々な食品用途で使用されています。また、結合剤として春雨の製造にも広く使われています。豆類でんぷんは、経済的な選択肢であり、幅広い機能を提供することから、食品・飲料用途において他のでんぷんの代替品となる可能性があります。2021年、サスカチュワン州農業省および農業・農業食品省は、サスカチュワン大学が主導する、豆類作物のでんぷんに関する研究に207万米ドルを融資すると発表しました。研究チームは、種子からでんぷんを分離する能力を強化し、豆類でんぷんを付加価値の高い製品に変えるための研究に取り組んでいます。

医薬品や化粧品業界では、豆類でんぷんの、ゲル化、増粘、テクスチャリングの特性を活かして、カプセルの製造におけるゼラチンの代替物として使用しています。製薬業界の急速な成長とトレンドの変化に伴い、豆類でんぷんの需要も増加することが予想されます。Meelunie B.V.(オランダ)やParrheim Foods(米国)などの企業は、エンドウ豆でんぷんなどを利用した医薬品や化粧品の主要な生産者となっています。

エンドウ豆でんぷんはエタノールの製造にも使用されています。トウモロコシはエタノール製造のための重要な原料であり、エタノール製造の急成長によりトウモロコシとエタノールの価格が大幅に上昇しました。エタノールの製造の生産者は、トウモロコシからエンドウ豆デンプンなどの低コストの代替品にシフトするようになり、エンドウ豆デンプンの需要が拡大しています。エンドウ豆デンプンによるエタノールの生産は、発酵率を向上させ、年間の発酵回数を増やすことで資本コストを削減することが可能です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]