スマート港湾の市場規模、2027年に57億米ドル到達予測

スマート港湾の市場規模は、2022年の19億米ドルからCAGR24.3%で成長し、2027年には57億米ドルに達すると予測されています。これは、港湾運営の効率化や二酸化炭素排出量の削減に対するニーズの高まりが要因となっています。また、スマート港湾のインフラ整備や既存ポートのアップグレード、新ポートの開発に対する政府の取り組みも、今後、市場の需要を押し上げると考えられます。

COVID-19のスマート港湾市場への影響

COVID-19パンデミックの発生により、各国政府はウイルスの蔓延を防ぐために封鎖措置を取らざるを得なくなり、世界経済に悪影響が及びました。この影響により、リスク管理の向上と備えの強化、そしてレジリエンスの必要性が浮き彫りになりました。Siemensなどのテクノロジーソリューションプロバイダーは、特にベースメタル(銅、アルミ、鉄)、プラスチック、半導体、輸送サービスの分野で、多くのサプライチェーンの制約に直面し続けています。同様に、ABBでも、検疫、政府の命令や指導、施設の閉鎖、病気、旅行制限、予防措置の実施などにより、事業に影響が及んでいます。2020年通年では、ABBの受注は7%減の265億米ドル、売上は7%減となりました。その後、COVID-19ワクチン接種プログラムの進展と渡航制限の解除により、世界のサプライチェーンと物流産業は徐々に回復し、スマート港湾の需要も加速しています。

牽引容易:国際的な海上貿易活動の増加

海上輸送は国際貿易に欠かせない主要な輸送手段であり、国際的な物品貿易量の約80%に相当します。また、発展途上国ではその割合はさらに高くなります。この輸送手段は、道路、鉄道、航空輸送よりも安価で、国際貿易の実現可能性が高いものです。UNCTADによると、世界の海上貿易は2021年度に4.1%増加し、2022年から2026年までの間CAGR2.4%以上のペースでさらに膨れ上がると予想されています。世界の船腹の伸びも同様の傾向を示し、2021年度には3.0%の伸びとなりました。2021年に海上貿易が回復したのは、潜在需要の掘り起こしや、在庫の補充・積み増しによるもので、健康食品や医薬品、事務機器などへの消費シフト、買い物形態の変化、電子商取引の拡大も追い風となりました。2020年の厳しい状況を経て2021年に需要が急激に高まったことで、船腹やコンテナ・設備が不足する事態となっています。船主はこの需給ギャップを埋めるために、新造船の調達や後付け船の利用に頼っています。近年、アジア太平洋地域は、豊富な原材料と労働力を背景に、世界の製造拠点として台頭してきました。そのため、製造品や原材料の輸出が増加し、コンテナ船に対する需要は高まっています。また、UNCTAD Review of Maritime Transport 2021によると、世界の海上貿易のうちアジアが占める割合は54%と驚異的であり、今後も増加が見込まれることから、スマート港湾市場の需要も増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]