Infrastructure as Code (IaC)の市場規模、2027年に23億米ドル到達予測

Infrastructure as Code (IaC)の市場規模は、2022年の8億米ドルからCAGR24.0%で成長し、2027年には23億米ドルに達すると予測されています。速度の向上には、マシンのラック、セキュリティアップデートのロード、サービスやアプリケーションのインストール、ネットワークの確立、メモリの有効化などの作業を、瞬時に完了できるように自動化、反復、拡大することが必要です。Infrastructure as Code は、設定の流用、オペレーターのミス、非効率性、情報の損失といった一般的な IT 問題に対処し、適切に実装することでリスクを低減します。

牽引要因:最新のクラウドアーキテクチャの出現

消費者の行動と要求は、現在、驚異的な進化を遂げています。企業は、競争の激しい市場で生き残るために、これらの要求を優先しています。顧客の期待と市場リーダー間の競争激化により、組織の業務効率を高めるための費用対効果の高い手段に対する需要が高まっています。ビジネスクリティカルな活動を完了するために手動プロセスを使用している企業は、そのプロセスが面倒で反復的、かつ時間がかかるため、与えられたデータを間違って解釈してしまうなどの問題に直面しています。一方、Infrastructure as code ソリューションは、企業が従業員と顧客をつなぐ新しいチャネルを実現し、職場の生産性を向上させるのに役立ちます。その他、より迅速な導入、コスト削減、柔軟なライセンスモデル、メンテナンスコストの削減、ソフトウェア機能の継続的なアップグレードなど、多くのクラウドの利点は、同市場の採用を促進するいくつかの大きな要因となっています。最新のクラウドアーキテクチャは、イノベーションの拡大、市場投入までの時間の短縮、信頼性の向上、コストの削減といったメリットをもたらします。しかし、その一方で、クラウドインフラの管理は難しくなっています。最新のアーキテクチャは、多数の緩やかに接続された相互依存のサービスやAPIで構成されています。その結果、人が管理しなければならないクラウドリソースの使用量が増えています。Infrastructure as Codeは、この複雑さを処理できる唯一の方法です。Infrastructure as codeプラットフォームは、開発者にプログラミング言語のフルパワーを提供し、最新のクラウドアプリケーションの多くの依存関係を、よりシンプルに管理することができます。

抑制要因:必要とされるスキル不足

プログラム可能なリソースモデルと統一されたプログラミングモデルを提供するInfrastructure as Codeにより、サーバーとクラウドインフラのライフサイクル全体が、ソフトウェアの制御下に置かれるようになります。infrastructure as codeやDevOpsモデルは高い技術力が要求されるため、企業によっては、文化や業務手順の変更が必要になり、既存のアプリケーションを移行する際のリスク、あるいは自社チームに必要なスキルが不足している可能性を理由に、導入を躊躇する場合があります。AIソリューションと既存システムの統合は、人間の脳の動作を再現するために大規模なデータ処理が必要であり、難しい作業となります。さらに、多くの企業は、初期段階においてInfrastructure as codeのニーズをアウトソースすることを選択します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]