建築物用断熱材の市場規模、2027年に353億米ドル到達予想

建築物用断熱材の市場規模は、2022年の280億米ドルからCAGR4.7%で成長し、2027年には353億米ドルに達すると予想されています。建築物の断熱は、住宅の冷暖房に必要なエネルギー量を減らし、冬に逃げる熱の量を最小限に抑え、夏の暑い空気が住宅に侵入するのを防ぐために使用されます。年間平均気温の幅が広い気候では、最も費用対効果の高い対策となります。断熱材の熱の流れに対する抵抗力は、熱抵抗値またはR値で測定され、R値が高いほど耐熱性が高く、断熱材として優れていることになります。

牽引要因:グリーンビルディングの開発

グリーンビルディングは、持続可能な建物や高性能な建物としても知られています。米国環境保護庁(EPA)によると、グリーンビルディングには、立地、設計、建設、運用、保守、メンテナンス改修、解体など、建物のライフサイクル全体を通じて環境に優しく資源効率の高い構造を作り、それを使用することが含まれます。環境に配慮した構造物を作ることで、経済性、実用性、耐久性、快適性を重視した従来の建築設計を補完しています。

抑制要因:グリーン断熱材の入手性

プラスチックの一種であるポリスチレンは、スチレンという芳香族合成炭化水素ガスをポリモノマー反応器で重合してプラスチックに変換したものです。プラスチックは元来グリーンとは言えないものの、スプレーフォームで構成されR値が高いことで省エネになり、壁面に構造完全性を足すことが出来ます。

市場機会:高いエネルギー要求

建築物における断熱材の需要は、建設業界の成長だけでなく、エネルギー業界の成長にも左右されます。欧州や北米などの地域では、その高い需要によりエネルギーコストが上昇しています。エネルギー消費の40%を建物が占めているため、高いエネルギー需要を緩和するために建物の断熱材が使用されています。エネルギー不足、エネルギーコストの上昇、化石燃料の使用による地球温暖化抑制への圧力などが、建造物の断熱材使用を増加させています。

課題:建築物の断熱に関する認識不足

建物は、必ずしも立地条件、気象条件、建物の構造などに応じた断熱がなされているわけはなく、これは、一部の建築家や建築基準法の担当者の認識不足に起因しています。このような理由で、多くの商業ビルで適切な断熱が行われていません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]