植物性代替肉の市場規模、2027年に157億米ドル到達予測

植物性代替肉の市場規模は、2022年の79億米ドルからCAGR14.7%で成長し、2027年には157億米ドルに達すると予測されています。動物性タンパク質源に関連する消費者の健康への懸念の高まり、倫理的な懸念、環境への懸念などから、植物由来の食品は広く人気を集めており、その需要は今後数年間で拡大することが予想されます。COVID-19状況下において、動物性タンパク質の供給に疑問が持たれたことで、植物性代替肉は外食産業の再建に大きな役割を果たしました。

牽引要因:ビーガンおよびフレキシタリアンの人口増加

ビーガン食の利点に関する認知度の向上は、植物由来の肉製品の世界的な成長の要因の1つです。米国ではビーガン料理を選択する人が39%増となり、2017年から2019年にかけて、植物性食品の売上は31.3%増加しました。ビーガン協会が委託した調査によると、イギリスではビーガンの数が2014年から2018年にかけて4倍に増えました。2019年のビーガンの数は600万人で、人口の約1.16%に相当します。ビーガニズムは英国で初めて作られた言葉です。

抑制要因:大豆や小麦など植物性代替肉原料に対するアレルギー

植物由来の肉製品は健康的で必須ミネラルを含む一方で、その摂取により何らかの害が生じることがあります。大豆に含まれる抗栄養成分は、大豆アレルギーなどの健康問題を引き起こす可能性があり、グルテン不耐性の人は、小麦、大麦、ライ麦、時にはオーツ麦に含まれるグルテンタンパク質に対する反応によって、セリアック病になる事があります。セリアック病では、食事に含まれるグルテンに対するアレルギー反応により、小腸の内壁に炎症が起き組織が破壊されます。

市場機会:植物性代替肉の有利なマーケティングと正しい位置づけ

市場での地位を維持し、売上を伸ばすために、企業は基準を設け、顧客との関係や世界的なリーチを拡大することで、自らのポジションを確立する必要があります。適切なラベリングは、市場の成長をさらに加速させ、健康志向の消費者、ベジタリアン、フレキシタリアン、ビーガンなどの消費者の需要を喚起させます。そのためには、販売チャネルを通じて、製品を適切な場所に配置することが重要です。北米と欧州の植物性代替肉市場は、ラベリング基準が重視されています。アジア太平洋地域もこれに続くことで、市場の成長が牽引されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]