デジタル著作権管理の市場規模、2027年に79億米ドル到達予測

デジタル著作権管理(DRM)の市場規模は、2022年の43億米ドルからCAGR13.0%で成長し、2027年には79億米ドルに達すると予測されています。デジタル著作権管理の成長を促す主な要因は、デジタル知的財産に対する著作権保護政策のニーズの高まりと、データを保護する企業ニーズの高まりです。

COVID-19のデジタル著作権管理市場への影響

COVID-19は世界経済に衝撃を与え、労働文化を変え、人々に在宅勤務を強要し、すべてのセグメントにおけるビジネス管理方法を完全に破壊しました。多くの企業が、ビジネスをサポートするための新しいソリューションを発表しており、顧客の行動も驚異的なスピードで変化しています。パンデミックを通じてデジタルチャネルが増加したため、デジタル機能に対する顧客の期待も変化しています。COVID-19のロックダウンは、企業の業務に大きな影響を与え、在宅勤務の必要性が高まる中、ITインフラの改善を余儀なくされています。

牽引要因:デジタル機器と技術の普及

昨今、業界では、コンテンツ制作におけるデジタルデバイスの役割が重要化しています。モバイルデバイスの助けを借りることで、優れた学習体験を生み出すことができます。また、デジタル機器を導入することで、フォトアート、アートイメージ、マルチメディアコラージュ、ビデオ、インタラクティブな電子ブック、スライドプレゼンテーション、音楽、3Dプリント用のデザインなど、高品質で情報量の多いエンターテイメントコンテンツを作成することができます。コンテンツプロバイダーは、これらの情報がデバイス間で無断に転送されることを禁止する必要があり、このことが、デジタル著作権管理市場の推進力となっています。

抑制要因:高価なデジタル著作権管理ソリューションと諸経費の高騰

低価格のDRMソリューションでは、不正アクセスからコンテンツを保護することができない場合があります。一方、高価格なデジタル著作権管理ソリューションは、市場拡大の妨げになることが予測されます。この市場のほとんどの製品は、月単位での価格設定モデルとなっています。コンテンツを保護するには他にも、電子透かしやパスワード保護など、DRMソリューションの代替となる費用対効果の高いソリューションが存在します。DRMソリューションの高コストがデジタル著作権管理市場の成長を抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]