燃料電池発電機の市場規模、2030年に14億米ドル到達予測

燃料電池発電機の市場規模は、2022年に3億米ドルからCAGR19.9%で成長し、2030年には14億米ドルに達すると予測されています。排出量の少ないクリーンな発電に対する需要の高まりが、市場成長の主な要因となっています。また、世界各地で見られる二酸化炭素排出に関するさまざまな規制が、近い将来、燃料電池の需要を押し上げると思われます。

COVID-19の燃料電池発電機市場への影響

燃料電池発電機市場は、プレーヤーの大半が必須事業と判断されたため、COVID-19の影響は中程度でした。しかし、人手不足、施設の停止、高圧ギア供給者の不足、請負業者および下請け業者の生産性低下などにより、設置およびメンテナンス業務が深刻な影響を受けています。

牽引要因:脱炭素化目標による船舶の燃料電池発電機の採用増

世界中の政治家が自国の二酸化炭素排出量を削減するために団結し、パリ協定に署名したことで、グリーン・再生可能技術が市場に浸透してきました。燃料電池は発電のための非排出ソリューションであり、グリーン・再生可能技術に属しています。

抑制要因:燃料電池に使用される触媒のコスト高

最も一般的な燃料電池にはDMFC、PAFC、PEMがあり、これらは反応速度を高めるために白金などのレアアース金属に依存しています。レアアースは高価であり、使用することで燃料電池全体のコストが高くなります。年間1,000システムを生産する場合、燃料電池で使用される触媒のコストは、総コストのほぼ26%に相当します。触媒コストが高いことは、今後数年間、同市場の成長を制限することが予測されます。

市場機会:データセンターのバックアップ電源として燃料電池発電機の採用増

データセンターの運営は、非常に多くの電力を必要とします。また、データセンターでは、貴重なデータの損失を最小限に抑えるために、中断のない電力が必要です。IEEE通信協会によると、2018年のデータセンターの電力需要は推定198テラワット時で、世界の電力需要のほぼ1%にあたります。データセンターでは、燃料電池を中心とした分散型発電の採用によるコスト削減が選択されています。SOFCを含む燃料電池は、米国で高い需要があります。Google(米国)、IBM(米国)、Equinix(米国)がデータセンターにSOFCを採用したことが、米国の燃料電池発電機市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]