工業用蒸発器の市場規模、2027年に237億米ドル到達予測

工業用蒸発器の市場規模は、2022年の187億米ドルからCAGR4.8%で成長し、2027年には237億米ドルに達すると予測されています。工業用蒸発器市場は近年著しく成長しており、今後数年間はより高い成長率で推移することが予想されます。これは、ZLD(ゼロ廃水)の採用が進んでいることと、最終用途産業が拡大していることに起因しています。

牽引要因:食品・飲料業界の成長

工業用蒸発器は、食品・飲料業界の水分除去に広く使用されています。蒸発は、食品中の全固形分を増やし、かさ密度を下げ、最終的に輸送を容易にするのに役立ちます。食品・飲料業界の成長に影響を与えた要因には、人口増加、可処分所得の増加、トレンドの変化、製品開発、政府規制、原材料価格の変動など、さまざまなものが挙げられます。

抑制要因:高い製造コストとメンテナンスコスト

工業用蒸発器の製造コストは、原材料の変更、業界要件に応じたカスタマイズ、高度な技術・製造ノウハウ、人材育成などの要因により高額になります。また、腐食やスケーリングなどの発生が、メンテナンスコストを一層高額にします。

市場機会:工業用蒸発器メーカーのビジネスチャンス

発展途上国では急速な工業化が進んでおり、このことが工業用蒸発器市場にチャンスをもたらしています。技術的進歩やその他有利な条件により、中国、インド、日本などのアジア諸国では、製造業への外国投資が増加しています。アジア太平洋地域は、比類のない工業化を経験しています。

課題:熟練労働者の不足

工業用蒸発器の製造やオペレーションには、熟練した労働力が必要になります。製造業への就職に消極的な学生、技術的な専門知識の欠如など、熟練労働者の不足にはさまざまな理由があります。製造業は、再稼働してはいるものの、COVID19以降、労働力不足の問題は続いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]