バーチャルプロダクションの市場規模、2027年に51億米ドル到達予測

バーチャルプロダクションの市場規模は、2022年の26億米ドルからCAGR14.5%で成長し、2027年には51億米ドルに達すると予測されています。バーチャルプロダクションスタジオの新設や、映画・テレビ業界における視覚効果の需要増などが、同市場の成長を後押しする要因となっています。

牽引要因:LEDウォール技術の導入が増加

バーチャルプロダクションシネマトグラフィー用のLEDウォールは、オーディオビジュアル業界の映画・ビデオ制作市場に革命をもたらしています。LEDウォールの特徴は、数メートル離れたところからプロ用フィルムカメラで撮影できる優れた画像解像度にあります。LEDディスプレイをカメラトラッキングやバーチャル制作技術ツールと組み合わせることで、リアルタイムのステージチェンジの生成、光と色の管理、パフォーマーとユーザーの没入型世界の創造、制作時間とコストの最小化など、新しい無限の体験が生み出される可能性を秘めています。デジタルプロジェクションやLEDウォールスクリーンは、近年、ほとんどのプロダクションで採用され、バーチャルプロダクション市場のクロマに代わる新しいバーチャルセットを構築しています。

高解像度のLEDビデオウォールは、映画・映像制作業界だけでなく、イベントビジネスにも革命を起こしています。デジタルプロジェクションや大型LEDビデオウォールは、近年、プリレンダーコンテンツの表示や、従来のクロマに代わるバーチャルセットの構築に活用されています。LEDスクリーン、バーチャルセットの拡張、カメラトラッキング、ゲームエンジンの技術が組み合わさると、バーチャルプロダクションの可能性は無限に広がります。

COVID-19のパンデミックにより、誰もが自分の家に閉じこもらなければならなくなったとき、LED技術はバーチャルプロダクションの市場と経済の世界を維持するための設備を提供し、国境を越えたトレーニングプログラム、パフォーマンス、セレモニーなどがバーチャルプロダクト技術によって行われるようになりました。主なパフォーマンスは現地ステージで行われ、イベントの様子は世界中の参加したい人たちにオンラインで配信されます。

抑制要因:プロフェッショナルの不足

バーチャル・プロダクション・テクノロジー(VP)は、パンデミック時に予想外のブームを巻き起こしました。世界的に見ても、バーチャル・プロダクションは、映画やエピソード・テレビにおいて、多くの人にとって最初の呼び水となったのです。しかし、この急激なブームには、バーチャル・プロダクション市場の非常に高い需要に対して、実践的な経験が不足している問題が含まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]