プールおよびスパの市場規模、2027年に236億米ドル達成予測

プールおよびスパの市場規模は、2022年の191億米ドルからCAGR4.3%で成長し、2027年には236億米ドルに達すると予測されています。高級不動産市場は、パンデミックの発生以降、力強い復活を遂げました。現在では、健康的なライフスタイルを提供し、自然をより身近に感じられる、邸宅への需要が高まっています。さらに、この種類の住宅はCOVID-19の影響で、家族の健康と幸福の象徴として進化しています。住宅購入のための収入と予算の増加、魅力的な設備に対する需要の急増は、集合住宅におけるスパ、ジム、プールの建設に大きく影響しています。

COVID-19のプールおよびスパ市場への影響

パンデミックにより、プールおよびスパ市場の需要が増加しています。サプライチェーンは、原材料や主要部品の価格上昇によって影響を受けました。サウナおよびスパ市場は、サウナヒーターの交換ニーズの高まりにより、回復基調にあります。在宅勤務や短時間勤務の導入に伴い、住宅への投資が行われています。COVID-19以前は、国民経済を上回る勢いで成長を遂げていたプール市場は、政府によってその活動が非必須とされたため、多大な影響を受けました。通常の活動に戻すため、プールの安全を守るための保護プロトコルの採用や、衛生・消毒用品を中心とした病院向けの機器の製造が行われました。建設業は医療制限のために一時的に混乱したものの、プール関連サービスは夏場に向け爆発的な伸びを見せました。サプライヤーには、長期間閉鎖されていた商業プールからの基本的な機器 (ポンプ、フィルター、送風機など) の需要が急増しました。

牽引要因:観光・冒険活動への高い依存度

COVID-19以降、移動の制限、ワクチン接種率、旅行者への対応などが国により異なるため、回復のペースは依然として遅く、世界各地でばらつきがあります。ウェルネスとスパ・ツーリズムは、欧州を中心に世界レベルで急成長しています。これは観光産業を牽引し、最終的にはレクリエーション目的のプールやスパの需要を増加させています。また、特定地域の観光客の増加は、ホテルやホームステイ先の建設需要や、施設でのスイミングプールやスパの需要を促進することになります。現代のスパセンターのコンセプトは、多様なサービスを含み、消費者に心理・物理的プラスの影響を与えるものです。これは、プールおよびスパ市場の重要な推進要因となる可能性があります。

抑制要因:環境への負荷の急増

水の保全は世界的に重要な課題となっています。平均的な家庭用プールの水量は2万〜6万リットルです。濾過やバランス調整がされていない水は汚染され、排水や交換を余儀なくされるため大きな無駄が生じます。また、メンテナンスが不十分なプールでは、逆洗の頻度が高くなることもあります。したがって、水を節約する最善の方法は、水の化学的バランスを維持し、十分な濾過を行うことです。エネルギー資源に対する需要が高いため、エネルギー価格の変動は需給の変化が中心となっています。経済状況、エネルギー資源の入手可能性、需要の増加が価格変動の主な要因となります。スイミングプールやスパは、部品や付属品を動かすために多くの電力を消費するため、この事が抑制要因となる可能性があります。電気は、プールやスパに関連する各コンポーネントの主要な作動源です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]