バイオベースコーティングの市場規模、2027年に182億米ドル到達予測

バイオベースコーティングの市場規模は、2022年の115億米ドルからCAGAR9.5%で成長し、2027年には182億米ドルに達すると予測されています。アジア太平洋地域の建築物市場は活況を呈しており、バイオベースコーティングの需要増につながることが予測されます。

牽引要因:バイオベースコーティングの炭素排出量削減

環境に優しい特性への需要は、過去10年間コーティング産業で見受けられた重要なトレンドです。これは、塗料のライフサイクルにおけるVOCと炭素排出量に対するEUの厳しい規制によるもので、溶剤系塗料から水性塗料や粉体塗料など環境に優しい製品へ需要がシフトしています。

抑制要因:バイオベースの塗料やコーティング製品に関する認知度の低さ

北米と欧州では、溶剤系塗料やコーティング剤を削減するための厳しい環境政策がとられています。また、人々は身の回りの環境や健康に敏感になっています。一方で、世界的にはバイオベース塗料の使用に関する意識は低く、新興国の人々はこの問題についてあまり教育を受けていません。しかし、企業による広告を通じた啓蒙活動により、若干の進展が見られます。

市場機会:植物由来原料への消費者ニーズ

コーティングシステムにおいて、植物由来の材料は、従来の原材料に取って代わることが期待されています。バイオベース樹脂は、建築・建設および家具など、最終用途産業向けのコーティングシステムの製造に使用されています。バイオ樹脂の生産に最もよく使われる植物源は、バイオディーゼル精製から生じるトウモロコシと大豆の副産物です。他にも、ジャガイモ、サトウキビ、テンサイ、ヒマシ、リグノセルロース、カシューナッツの殻、藻類、乳清などがあります。コーティング剤にバイオベース原料を使用するようになったのは最近のことではなく、石油化学製品の使用よりも古いとされています。これまで、生産される塗料やワニスの大半は、化石原料をベースにしたものでしたが、状況は変わろうとしており、目新しいとされてきたバイオベースの樹脂が主流になりつつあります。

課題:バイオベース塗料の高い価格帯

地球温暖化、気候変動、個人の健康に対する意識の高まりにより、溶剤の含有量が最小限またはゼロのバイオベース塗料への需要が高まっています。一方、再生可能な材料のコストは石油化学製品より高いという経済的な問題があります。環境にやさしいバイオベースの塗料は、複雑なプロセスを経るためコストが高くなり、消費者は採用を躊躇する傾向があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]