皮膚用健康食品の市場規模、2026年に26億5150万米ドル到達予測

皮膚用健康食品の市場規模は、2021年の19億2950万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2026年には26億5150万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、アレルギー疾患の高い発生率、消費者の健康意識の高まり、機能性食品・飲料製品の研究開発と生産能力の増加、総合的な健康状態を改善するための栄養強化食品の消費増加によってもたらされています。さらに、高価値の天然カロテノイドを作り出すためのさまざまな技術の開発、オメガ3を得るための代替ソース、新興国の小売部門の成長などが、市場関係者に有利な機会を生み出しています。

牽引要因:機能性食品および飲料製品の研究開発および生産能力の増加

プレバイオティクス、プロバイオティクス、ビタミン、ミネラル、植物化学物質、植物抽出物、オメガ3脂肪酸などの機能性食品成分の需要が急速に高まっていることから、世界の機能性食品成分メーカーの注目が集まり、同市場への大規模な投資を進めています。メーカーは、子供向けのグミやトフィーなどの機能性菓子、栄養バー、フィットネス愛好家などを魅了する機能性飲料の開発に注力しています。

消費者の消化器系の健康に対する意識はますます高まっており、プロバイオティクス製品のイノベーションを後押ししています。プレバイオティクスとプロバイオティクスは、研究者がさまざまな用途と効能の開発に注力している、新たな機能性食品成分分野です。シンガポール国立大学の研究者たちは、プロバイオティクスを配合した、腸の健康に良いとされているビールを開発しました。研究開発への投資の増加に伴い、このようなアプリケーションが多数出現することが予想されており、機能性食品素材市場の牽引役となることが期待されています。

抑制要因:機能性食品の高コスト

機能性食品成分の開発は複雑で費用がかかり、確実性が低いとされています。製品開発の成功の背景には、技術条件、消費者需要、法律や規制などがあります。プロバイオティクスなどの新しい機能性成分の生産に使用する菌株の研究開発には、多くの投資が必要です。プロバイオティクスの菌株や製品は、国際的な食品規制に従って開発・生産されており、その他のさまざまな機能性成分の製造・抽出にも、高度に滅菌された技術的な設備や工程が必要とされます。製造コストに費用がかかることで、最終製品の価格も高くなります。マーケティングと流通がさらに製品価格に上乗せされた結果、価格の高さが消費者の購買意欲を制限します。アジアやアフリカの国々など、価格に敏感な消費者基盤を持つ発展途上国で、この傾向は特に強まります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]