VSATの市場規模、2027年に164億米ドル到達予測

VSATの市場規模は、2022年の75億米ドルからCAGR16.9%で成長し、2027年には164億米ドルに達すると予測されています。VSAT市場は、過去数年にわたり大きな成長を遂げており、今後も継続して拡大すると見られています。この成長は、多様な業種からのVSATシステムに対する需要の高まりに起因しており、VSATモバイルソリューションの需要の高まりや、高スループットの衛星サービスへのニーズの高まりも、市場を牽引するものと思われます。

牽引要因:石油・ガス産業における福利厚生のためのVSAT技術の採用

石油・ガス産業は、陸上や沖合の遠隔地で操業しており、陸上通信の利用は現実的ではありません。しかし、信頼性の高い通信サービスは、円滑な事業運営と安全な操業のために不可欠です。乗組員の福利厚生は、石油・ガス産業におけるVSATシステムの重要なアプリケーションの1つです。石油プラットフォームやリグで働くクルーは、数週間から数ヶ月間派遣され、外の世界や家族と連絡を取り合うために安定したインターネット接続を必要とします。これに加えて、石油・ガス産業におけるインターネット接続は、モビリティソリューションや遠隔地の機器やプロセスを制御・監視するためにも必要とされています。

2022年1月、Nelco Ltd.は、Oil and Natural Gas Corporation(ONGC)から4億米ドル相当の契約を獲得し、オフショアサイトでの衛星通信を提供することになりました。このプロジェクトの範囲は、ONGCのキャプティブ超小型開口ターミナル(VSAT)ベースのネットワークの供給、試運転、保守を含むものです。このネットワークは、ONGCの西インド沖合サイトの通信インフラを強化するために使用される予定です。

抑制要因:海上における接続性の問題

健全なインターネットシステムは、衛星のカバレッジの冗長性を利用したオーバーラップビームを検索する必要があります。帯域幅の制限とカバレッジは、海上での接続性に関する大きな問題でした。また、不安定な接続、通信範囲の不足、サービスの停止、長い遅延なども、海上アプリケーションに対応する海上プラットフォームが直面している問題です。

機能的な接続性を確保することで、運用コストを大幅に削減することができます。海上での適切な接続は、GPS接続による燃料消費の改善、パフォーマンスの監視、リアルタイムの天気予報の更新、海上アプリケーションに対応する計画の微調整に役立ちます。

市場機会:遠隔医療を可能にするVSATシステムに対するニーズ

現在、多くの国で問題となっているのが、地方や遠隔地における医療サービスの欠如です。VSATシステムの助けを借りて可能になる遠隔医療は、専門的な医療サービスを遠隔地や地方で提供する最適な方法と考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]