給餌装置の市場規模、2027年に39億米ドル到達予測

給餌装置の市場規模は、2022年の27億米ドルからCAGR7.7%で成長し、2027年には39億米ドルに達すると予測されています。給餌装置では、多数の動物に短時間で給餌することができ、各動物に割り当てられた飼料を行き渡らせ、各動物が同時に同量の飼料を食べる機会を持つことを可能にします。給餌装置により、多数の動物に短時間で給餌することができ、動物は割り当てられた飼料を食べることができるようになります。

牽引要因: 世界的な酪農場の増加

International Farm Comparison Network(IFCN)によると、2021年には世界で1億1600万の酪農家が2億6000万頭以上の牛を搾乳したと言われています。酪農場はここ数年、大きな成長を遂げています。近年、米国や中国では大規模な酪農場が増え、既存の酪農場も経営規模を拡大させています。給餌装置の需要が高まっているのは、主に乳牛の頭数が増加していることに起因しています。酪農場の規模が大きくなると、多数の牛に個別に適切な給餌を行うことが難しくなります。大規模な酪農経営では、労働力不足、農場の収益性と飼料管理、動物の健康維持、高い福祉レベルの維持など、小規模な農場よりも問題は大きくなる傾向があります。熱感知、健康モニタリング、飼料管理は、ますますデジタルで検討され、自動化されています。人工知能を使用したカメラなどの画期的な技術は、牛乳生産コストの 60% を占める飼料管理に対処する能力を提供しています。人件費の削減や酪農場の生産量の増加、酪農場での群れのサイズの増加など、給餌システム技術に関連するさまざまな利点が、給餌システム市場の成長を後押しすると予想されます。

例えば、DeLavalは、飼料の投入、カット、混合、分配を毎回自動的に行うオプティフィーディングシステムを発売しました。このように、酪農家は牛の繁殖とパフォーマンスを向上させるために、適切な量の飼料をタイミング良く供給する自動化装置を選ぶようになってきています。

抑制要因:自動給餌装置の高額なセットアップ費用

給餌装置市場の成長を抑制する主な要因は、高額な初期投資額です。自動給餌器には、高い初期投資、効率的な管理ツール、継続的かつ効果的に使用するための熟練した知識が必要です。中小規模の農場では、このような機器に投資するための十分な資金がありません。また、給餌装置には、投入資材の選択のためのデータの取得や、データ管理のためのトレーニングなどのコストがかかります。世界中の酪農家のほとんどは、高価な機器やデータ取得に投資することが難しい限界集落や小規模な酪農家です。農家は、自動化・制御装置、配送ワゴン、GIS、入力データ収集のためのGPSシステム、衛星機器などに莫大な投資をしなければなりません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]