栄養強化食品の市場規模、2027年に1280億米ドル到達予測

栄養強化食品の市場規模は、2022年からCAGR10.1%で成長し、2027年には1,280億米ドルに達すると予測されています。栄養強化食品市場は、消費者の健康志向に伴い拡大しており、高齢化社会の到来と健康志向の高まりにより、様々な用途で大量に採用されています。

栄養補助食品における栄養強化食品の需要増加

栄養強化食品市場は、栄養補助食品の需要増に牽引されています。ライフスタイルの変化に伴い、栄養補助食品に対する消費者の意識が高まっています。ビタミン、ミネラル、免疫強化食品、オーガニック製品、サプリメントなど、栄養補助食品へのニーズや、可処分所得の増加や健康志向の高まりにより、サプリメントなどの栄養補助食品への移行が進んでいます。ライフスタイルの変化やフィットネス・健康に対する知識の向上により、カプセルや錠剤の形でマルチビタミンやミネラルを摂取する傾向が強くなっています。

研究開発活動に伴う高コスト

食糧増強に関する国内規制の欠如と官民連携の問題が指摘されています。中小企業の限られた技術的・経済的能力、専門家の関与、規則や食品法の欠如が、食品強化の取り組み開発のボトルネックとなっています。栄養強化食品は、製品開発や技術革新に高い投資が必要であり、製品コストの上昇につながります。また、強化食品の品質を評価するための製品の管理・モニタリングは、高品質の研究所の不足によって妨げられ、市場の成長を制限しています。

各国政府による技術支援

FAOは、多分野にわたる追加的な構成要素に対する技術支援が必要であるとして、その取り組みを支援しています。新しい食品法の制定や既存の食品法の見直し、栄養強化の法的根拠、関連する食品管理への技術支援は、同機関が行っている取り組みの一部です。また、製品の品質を保証するための人材、検査サービス、検査機関への支援や、モニタリングや評価のための信頼できるデータの収集・分析、さまざまな業界団体や国・地域の検査機関との協力による食品管理システムの強化も、政府機関によって行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]