IoTベースの資産追跡・監視の市場規模、2027年に66億米ドル到達予測

IoTベースの資産追跡・監視の市場規模は、2022年の39億米ドルからCAGR11.3%で成長し、2027年には66億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因としては、資産のリアルタイム情報に対する需要の高まりが挙げられます。各産業には貴重な資産があり、その性能を監視し、安全を提供し、可用性を確認することは、ビジネスにとって極めて重要です。IoTベースの資産追跡・監視技術およびソリューションは、資産の位置と健康状態に関する情報をリアルタイムで共有し、手作業による追跡作業に伴う時間の浪費を削減します。

COVID -19がIoTベースの資産追跡・監視の市場に与える影響

半導体は、玩具、自動車、工場機械から家電、携帯電話に至るまで、あらゆるものに見られる電子機器の必須部品です。2020-2021年の世界的なチップ不足は、169以上の産業に悪影響を及ぼしています。その原因は、COVID-19の悪影響を主な原因として、米中貿易戦争、ロシア・ウクライナ戦争など、さまざまな事象が複雑に絡み合っています。COVID-19期間中のロックダウンは、世界的な半導体不足の原因となりました。このことで、中国ではチップの生産設備が停止し、在庫の枯渇を招きました。パンデミック時には、自宅で勉強や仕事をする人が増えたため、コンピューター、モニター、ネットワーク周辺機器、家庭用エンターテインメント・インターネットサービスなどの需要が大幅に増加し、半導体のサプライチェーンに多大な負担を与え、世界的に半導体チップの需要と供給に大きなギャップが生じました。

IoT資産追跡モジュールメーカーはこの問題に直面し、その結果収益が大幅に減少しました。例えば、Sierra Wirelessは、2019年度と比較して2020年度の収益が約37%減少しました。同様に、Telit、u-blox、Thalesは、それぞれ12%、13%、8%の落ち込みを記録しています。これらの要因によって、市場は価格の高騰とリードタイムの顕著な遅延を目の当たりにすることになり、市場参加者にとって困難な要因となりました。

牽引要因:費用対効果の高いコネクテッドデバイスとセンサーの採用増

コネクテッドデバイスの普及に伴い、IoTは大量のデータを生成しています。そのため、農業、コールドチェーン監視、製造、航空、自動車など、多くの垂直分野でデータフローアプリケーションが増加しており、大量生産によりインフラコストが削減され、製品納入が加速しています。企業は、IoTとアナリティクスを活用して、ビジネスを運営・改善し、市場での競争力を維持しようとしています。最近の調査によると、米国では約35%のメーカーがスマートIoTモジュールから生成されるデータを収集し、製造プロセスの強化、家畜の飼料監視、車両管理、その他の活動に活用しています。

データ、プロセス、モノがつながるIoTは、一般的な概念として浸透しています。Ciscoによると、世界的に、マシンツーマシン(M2M)接続の数は5年以内(2018~2023年)に2.4倍に増加すると予想されています。M2M接続には、製造施設、配送車、倉庫の資産追跡システムでの接続が含まれます。Ericsson Mobility Reportによると、世界のIoTマシン接続は2020年から2026年にかけて2.3倍に増加し、その半分のシェアを短距離IoT接続が占めると予測されています。上記の要因に加え、インターネットユーザー数の増加、5G技術の採用拡大、IoTおよびM2M接続の増加が、IoTベースの資産追跡ソリューションの需要を大きく後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]