精密発酵の市場規模、2030年に363億米ドル到達予測

精密発酵の市場規模は、2022年の16億米ドルからCAGR48.1%で成長し、2030年には363億米ドルに達すると予測されています。世界的なタンパク質需要の増加、消費者の嗜好の変化、投資とイノベーションの高まりは、タンパク質産業への注目を集める要因となっています。近年、遺伝子工学における大幅なブレークスルーにより、費用対効果が高く持続可能な微生物の再プログラミング(合成生物学)が可能になり、さまざまな特殊食品タンパク質成分を作り出すことができるようになりました。

牽引要因:肉を食べないライフスタイルの採用の増加

2018年の食品革命機構の調査によると、回答者の50%が屠殺場禁止を支持しました。さらに、回答者は食品産業における動物の扱われ方に不快感を抱いていることを告白しており、消費者のアニマルフリー製品へのシフトが拡大しています。菜食主義者の要求を満たすために、メーカーは植物や微生物など様々なソースから成分を取り入れた植物性製品を市場に投入し、精密発酵市場を盛り上げています。米国や英国などの主要国では、ビーガンやミートフリーのライフスタイルを採用する人口の大幅な増加が確認されています。また、2018年には、食品革命機構によると、米国におけるビーガンの人口が過去3年間で600%増加したことが確認されています。

抑制要因:精密発酵を活用した原料の生産に伴う製造コストの上昇

動物性タンパク質や油脂を製造するための精密発酵は、ここ数年、菜食主義者の増加による動物性食品への需要の高まりから、勢いを増しています。これは、酵母やカビなどの微生物を遺伝子工学的に操作し、動物のDNAによってコード化される遺伝子を作り出す方法で、微生物を使って、実際の動物性食品の食感や味、栄養価を模倣し、望ましい製品を開発します。例えば、Every Company社では、遺伝子組換え酵母細胞を用いて、動物性食品を含まない卵白を製造しています。さらに、精密発酵は、土地や水の使用量、温室効果ガスの排出量、動物性製品に関連する健康問題などを軽減するという利点もあります。

市場機会:新規タンパク質生産システムの開発

ターゲットを絞った研究開発およびインフラ投資によるタンパク質生成のための新規技術の特定は、価値の獲得、資源の最適化、および精密発酵の競争優位性の開発において引き続き重要です。多くの革新的なタンパク質生産システムは、動物性の肉や微細藻類を開発し、CO2などの新しく原料を利用することで、スケールアップした商品化が進められています。これらの新規生産システムは、伝統的な食品システムとして重要性を増すことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]