電気トラクションモーターの市場規模、2027年に222億米ドルに到達予測

電気トラクションモーターの市場規模は、2022年の123億米ドルからCAGR12.6%で成長し、2027年には222億米ドルに達すると予測されています。高性能モーターに対する需要の増加、政府の有利な政策や補助金、鉄道分野への投資の増加などが、市場成長の原動力となっています。

COVID-19の電気トラクションモーター市場への影響

電気トラクションモーター市場は、COVID-19の影響を大きく受けました。同業界では、流行を遅らせるための事業閉鎖や、労働者の感染により、納品や建設の遅れを予想しています。電気自動車用モーターの製造に使われる部品やコンポーネントの多くは、中国、米国、および欧州などから輸入されています。

牽引要因:排出ガス規制による電気自動車やハイブリッド車への移行

大気汚染など環境に与える影響への懸念が日に日に高まっています。このことから、自動車メーカーは各地域の規制基準に適合した自動車の開発を余儀なくされています。国際エネルギー機関(IEA)によると、2020年の世界の電気自動車保有台数は1,000万台に達し、バッテリー電気自動車(BEV)は全体の3分の2を占めるとされています。2020年には欧州の登録台数は140万台(販売シェア10%)に倍増し、世界一の電気自動車市場となりました。2位は中国の120万台(販売シェア5.7%)、3位は米国の29万5千台(販売シェア2%)となっています。電気自動車やハイブリッド車の需要が高まったのは、政府の優遇措置、ゼロエミッション、バッテリー技術の進歩、ユーザー体験の向上など、さまざまな理由があります。排ガス規制の厳格化により、BEV、HEV、PHEVなどの電気自動車の販売台数が増加しています。

自動車の電動化は、機械的な連結を自動化されたシステムに置き換える結果となりました。例えば、自動車に搭載される48ボルトの電気システムは、その電力要件を満たす高性能な電気トラクションモーターの必要性を高めています。電気自動車の増加はモーター産業に直接影響を与え、電気モーター市場の成長を後押ししています。

抑制要因:鉄道産業における電気トラクションモーターの高い初期導入コスト

機関車、地下鉄、路面電車など、鉄道の導入にかかる初期費用は非常に高く、最新の技術を駆使した現場レベルの装置や機器を設置するために、多額の初期投資を必要とします。また、送電網の手配や新規・既存システムの管理など、高度なインフラの構築にも追加費用が必要になり、導入後の高い運用・保守コストも、鉄道当局にとっては大きな負担です。鉄道予算の制約は、政府および民間企業による先進的な鉄道技術やソリューションの展開を抑制する要因となっています。高度なシステムやソリューションの導入コストが高いことが、電気トラクションモーター市場の成長を妨げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]