EdTechおよびスマート教室の市場規模、2027年に2329億米ドル到達予測

EdTechおよびスマート教室の市場規模は、2022年の1253億米ドルからCAGR13.2%で成長し、2027年には2329億米ドルに達すると予測されています。EdTechおよびスマート教室は、学生に遠隔学習施設を提供し、教育テクノロジーによる、数多くの利点を提供します。読書により学習する生徒がいる一方で、オーディオビジュアルによる情報が適する生徒がいるなど、生徒によって学ぶスピードや方法は異なると考えられています。

COVID-19のEdTechおよびスマート教室への影響

2020年3月から10月にかけて、EdTech企業およびゲーム企業の広告量(秒)は、前年同期比でそれぞれ2~3倍に増加しました。テレビを主とするこれらのブランドは、既存ユーザーのエンゲージメントと新規ユーザーの獲得の両方に多額の資金を投じました。デジタルファーストブランドは、無料コマーシャルタイム(FCT)に加えて、スポンサーシップを通じてテレビへの支出を増やしました。学生が震災時に安全を確保しながら自宅で教育を受けることが出来たのは、教育テクノロジーによるものです。全ての学生が必要な設備を手に入れることはできませんが、さまざまなEdTech組織が恵まれない人々のために徐々にネットワークを広げています。テクノロジーは、バーチャルクラスルームやウェビナー、その他のデジタルプラットフォームを導入することで、教育分野での道を切り開きました。EdTechセクターは急成長を遂げ、オンライン教育はやがて新しい常識となりました。インドではこのデジタル教育システムの導入が桁違いに増え、この10ヶ月でユーザー数はほぼ2倍になりました。EdTechとスマート教室のソリューションは、パンデミックによる閉鎖的な状況下で教育業界を維持するため採用が増加しています。パンデミックの発生により、EdTechソリューションの需要が大幅に増加しています。世界中でオンライン教育・学習モデルが採用される中、教育機関は学校や大学の運営、トレーニングプロセス、試験などを継続するために、EdTechやスマート教室のソリューションを利用し始めています。

牽引要因:スマートラーニングにおけるAIとMLの利用拡大

AIとML技術の利用の増加は、パーソナライズされたeLearningの経験を作成します。MLアルゴリズムは、履歴に基づく結果の予測を支援し、学習者が関心のある特定のコンテンツへのアクセスを可能にします。EdTechソリューションは、AIとML技術の助けを借りて、パーソナライズされた方法でeLearningコンテンツを提供することができます。法人企業では、社員はカスタムオンライントレーニングコースを利用することで、パーソナライズされた目的を達成できるため、必要な情報を迅速に入手することができます。オンライン学習者のコースワークのスケジュール設定や、受講者の評価結果に基づくオンラインリソースの提供などのタスクは、AIの助けによって自動化されています。また、オンライン学習者は、一般的なeラーニングコースの代わりに、カスタマイズされた体験を選ぶことができます。したがって、学習者はコース全体に時間をかける必要はなく、簡素化されたデザインとカスタムコンテンツを利用して、目標を達成し、重要なスキルを身につけることができます。eSchool Newsによる最近の調査では、教育業界におけるAI技術の利用は、2021年までに47.5%成長すると予想されています。AIは教育において非常に大きな可能性を秘めており、生徒一人ひとりの学習のパーソナライズ、学習ギャップの特定と対処、教師へのリアルタイムのフィードバックなど、指導の改善を支援することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]