分散剤の市場規模、2027年に93億米ドル到達予測

分散剤の市場規模は、2022年の71億米ドルからCAGR5.5%で成長し、2027年には93億米ドルに達すると予測されています。2021年は、アジア太平洋地域が金額ベースで最大シェアを占めました。これは、中国、インド、日本などを中心とした国々で、最終用途産業からの需要が高まっていることに起因しています。中東・アフリカ市場は、インフラ支出の増加と低いベース効果により、2027年まで安定した成長を記録すると予測されています。

経済性と排出抑制の観点から、分散剤は産業界のあらゆるプロセスや用途で重要視されています。建設産業で使用される分散剤は、経済のインフラと近代化の急速な進歩から最大シェアを占めています。

COVID-19の分散剤市場への影響

パンデミック時、関連産業の事業停止から、分散剤市場の需要は減少しました。建設業界は分散剤市場において最大シェアを占めています。今後、建設市場の増加が予測されることから、分散剤市場の拡大が見込まれます。一方、COVID-19の期間中、世界中で建設活動が停止しており、2027年まで分散剤の需要が減少することが予想されます。また、建設・インフラ投資の減少や、コーティング用途で使用される自動車産業の販売台数の減少も、分散剤市場の成長を制限しています。

牽引要因:石油掘削と探査の増加

高品質の分散剤は、石油・ガス業界で効率的かつ効果的な運用を行うために、大量に使用されます。 また、地層流体が坑井に入るのを防ぐために流体を掘削する際に使用されます。分散剤は、界面活性剤や溶剤化合物を含む化学物質であり、石油を小さな液滴に分解する作用があります。石油掘削では、これらの液滴は水中に分散し、そこで波や潮流などの自然のプロセスを受け、さらに分解されます。

抑制要因:原材料の価格変動

現在、流行しつづけているCOVID-19は、製造業に広く影響を与えています。エネルギーコストの上昇や原材料価格の予期せぬ変動が、サプライチェーンを不安定にし、製造業者が利益を得ることを困難にしています。原材料価格が変動すると、メーカーは追加コストを吸収するか、費用を軽減するか、あるいは消費者に値上げ分を転嫁するかのいずれかを迫られることになります。価格の変動は、予算決定の上でミスすることのできない懸案です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]